ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

水族館ではイルカショーがメインイベントとされるなど、多くの人が好むとされる「イルカ」。数多くの海洋生物のなかで、なぜイルカに定番の人気があるのでしょうか……。イルカが好きな理由について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

超音波がかっこいい

「超音波でコミュニケーションするのがかっこいいから。だから、コウモリも好き」(広島/27歳男性)

パルス音と呼ばれる信号を発して、物体との距離を測ったり、他のイルカとコミュニケーションをしたりします。人間にはない特殊能力に憧れを抱く人は少なくなさそうですね。

肌がスベスベしてそう

「サメとかクジラとかと違って、肌がスベスベしてそうだから。触ってみたい」(神奈川/22歳女性)

サメは〝サメ肌〟と言われるように、ザラザラしているイメージがありますよね。一方でイルカの肌は、実際にツルツルしていて、ゴムのような肌触りなのだとか。

ラッセンの絵の影響

「小さい頃から、パズルとかラッセンの絵のなかでイルカを見てきた。だから自分の中でイルカに対しては動物としての汚さや生々しさがなくて、綺麗な海で美しく泳いでるイメージです」(東京/33歳女性)

クリスチャン・ラッセンの名前を知らなくても、その絵は誰しも一度は目にしたことがあるはず。イルカを描いた作品が多く、透き通った水の中で泳ぐ様子はきらびやかで幻想的ですよね。彼の作品に影響され「イルカ=綺麗・美しい」という印象を持っている人は少なくないのでは?

穏やかな哺乳類だから

「哺乳類のなかでもとくに穏やかな印象があります。ドルフィンセラビーとかあるくらいだし、野生でも人に危害を加えたりしないって勝手に信じてる」(福岡/28歳女性)

触れ合うことで、人間に癒しを与えてくれる動物でもあります。イルカショーなどで人間の指示がわかるくらいですから、知性も高い動物とされていますし、生物としての親近感を抱けるのかもしれません。

泳ぎやジャンプが華麗

「スーッと水中を泳いで華麗なジャンプを決めるから。泳ぎやジャンプがとにかくスマート!」(埼玉/35歳女性)

どうしてイルカは高く飛べるのか……疑問に思ったことのある人もいるはず。時速30〜50キロメートルの速度で泳いでいるそうです。高速の助走ならぬ助泳が因果しているのですね。

幻想的でありながら、親しみやすい印象を抱いている人は少なくないよう。イルカが好きな理由、みなさんには共感できるものはありましたか?

(ヒトメボ編集部)
  • twitter
  • facebook
  • line

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ヒトメボ編集部

あわせて読みたい