ヒトメボ

心理カウンセラー

山田耕治

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

 ファッション誌では絶えず特集が組まれるほど、女性にとって欠かせないアイテムであるバッグ。仕事では機能を優先せざるを得ないこともありますが、プライベートではもちろん、お気に入りのバッグでコーディネート。そんなバッグから読み解けることって?

「女性が休日に持つバッグには、その人の人柄が反映されているように思います。そこから、深層心理や恋愛傾向をうかがえるのではないでしょうか」(心理カウンセラー山田耕治さん・以下同)

 なるほど。ではさっそく分析をお願いします!

【A:ハンドバッグ】

「清潔感があり、几帳面で礼儀正しいタイプ。そんな態度を周りの人たちはとても気持ちよく感じています。でも本人は『いつもきちんとしないといけない!』と緊張していて、人付き合いはちょっぴり苦手かもしれませんね。そこには、『本当の自分は怠け者でダメなんだ!』という意識が隠れていたりします。

このタイプの人が彼に求めるのは、緊張を緩めてくれる、ユーモアたっぷりのおもしろキャラ。リラックスすることで、これまで隠れていたお茶目でかわいらしい部分も引き出され、新たな魅力になるはずです」

【B:ボストンバッグ】

「思ったことはすぐに実行する行動派。誰とでも仲良くでき、みんなとわいわい楽しむ姿が浮かんできます。でも、本来は単独行動が好き。人にいっぱい気を使った後は、プチ逃避で上手に気分転換をします。

このタイプの人が彼に求めるのは、思い立ったらすぐにでも一緒に旅行にでかけられるような、決断力と実行力。もしかすると、男性に甘えるのはちょっと苦手かもしれません。でも、ときには彼に思いっきり甘えてみましょう。彼の男としての自信を深めることにつながりますよ」

【C:ショルダーバッグ】

「人間関係が円滑に進むようがんばっている努力の人です。柔軟性、適応力があり、人を大事にする優しい平和主義者。いつも目の前のことに懸命なタイプです。ただ、いつの間にか、いい人になりすぎて、自分自身を失ってしまうことも。

このタイプの人は彼に懸命に尽くしすぎて、疲れてしまうかもしれません。後ろをついて歩くのではなく、横を一緒に歩きながら、お互いに励まし合ったり、将来を語りあったりできる彼がお似合いだと思います」

【D:トートバッグ】

「明るく陽気で気軽に何でも話せるオープンな性格。ただ、無防備なところがあるため、周りの男性に『自分に気があるんだな』と誤解させてしまうことも。また、あなたのマイペースぶりに振り回されたと感じたり、八方美人だと思ったりする人もいるかもしれませんね。

男性との付き合いは、かしこまった関係より、まずは気軽に何でも話せる友達感覚からがいいです。すぐに友達から恋人へ発展すると思います。2人の関係を更に深めていくには、彼に自信を持たせてあげることが大事です。記念日やセレモニーを大切にするなど、友達とは違うんだという境界線をしっかり引いてあげてくださいね」

【E:クラッチバッグ】

「女性としての魅力にあふれ、輝いているタイプです。プライドや理想が高く、影響力も強い。みんなの注目を浴びています。時に自分が一番でないと嫌になることもありそうですね。そのはっきりとした性格のせいで孤立感を抱えることもあるかもしれません。

このタイプの人には、女性のプライドを尊重し、『尽したい願望』や『人から必要とされたい』という気持ちの強い男性がぴったり。そんな彼の大きな愛情に気づいたときに、2人の間に深い絆が生まれるはず。今度はひとりではなく、2人で更なる輝きを放てるはずです」

【F:リュックサック】

「何事もじっくり計画をたてる慎重派。『備えあれば憂いなし』。両手をあけて、いつでも何かに対応できる準備をしているわけです。ただ、備えすぎてしまい、今を楽しめないところも。本当は今を楽しみたい直観力のすぐれたタイプなのだと思います。

精神的に安全な場所があれば、過度な準備は無用です。このタイプの人には知識や経験の豊かな男性がぴったり。ひとりの女性として、彼に守ってもらいましょう。彼の男性としての魅力も増し、更に自信にあふれた強い男になっていきます」

 いかがでしたか? 思い当たるところはありましたか? 男性のみなさんも、恋人や気になる女性がどんなバッグを持っているかチェックしてみると、アプローチのヒントが見つかるかもしれませんよ。

(せんち/クレッシェント)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

せんち

クレッシェント

あわせて読みたい