ヒトメボ

鍼灸マッサージ師

回氣堂玄斎

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

 仕事や趣味に忙しくて、最近なんだかお疲れ気味。恋人とのデートも元気が出なくて楽しくない。そんなとき、押すだけでパワーがみなぎる『夜に効くツボ』でもあったらいいのに…。でも、そんな都合のいいものなんてないですよね?

「ありますよ。ツボ押しには血流を良くして冷えを改善する効果や、リラックス効果がありますが、人体に無数にあるツボの中には、ただ体調を整えるだけでなく性的な機能を高めるものもあるんですよ」

 とは、『東洋医学で目覚める「オーガニックセックス」』などの著書を持つ鍼灸マッサージ師でもあり性セラピストの・回氣堂玄斎先生。

 あるんですね! また、その効能は押す場所によって様々だそう。そこで、恋人との仲を深める『夜に効くちょっとエッチなツボ』を効能別にご紹介します!

エッチな気分になるツボ

『八りょう穴(はちりょうけつ)』

「尾てい骨の上にある平たい骨に集まった4つのツボを総称してこう呼びます。この部分には、睡眠時に働き、性感とは切ってもきれない関係にある『副交感神経』が集まっており、ツボを押したり、揺らしたりすることでリラックス効果が得られます。性機能を高めるには、リラックスすることが重要なんです。さらに、副交感神経が働くと血流が良くなるため、男性のED(勃起不全)改善にも効果がありますね」(同)

【ツボの押し方】

こぶしを握り、親指以外の指の第2関節を当ててこぶしを回すようにして20回ほど押す。また、平たい骨部分の全体を手で包むようにして震わせるのも効果アリ。

『腎愈(じんゆ)』

「おへその真裏の腰骨の中心から、指の幅2本分外側にあるツボです。ここは東洋医学で言うところの『生命力』や『性エネルギー』の集まる場所。ツボを押すことで、『腎臓』の血流がよくなり、その上にある副腎から性欲を高めるホルモン『テストステロン』も分泌されます。また、この部分にはオーガズムに達するときに働くといわれる交感神経が集まっているんですよ」(同)

【ツボの押し方】

徐々に力を強めながら「1、2、3、4、5」と5秒間押した後に、「5、4、3、2、1」と徐々に力を弱めながら指を離す。これを20回ほど繰り返す。

女子の性機能を高めるツボ

『大赫(だいかく)』

「このツボを刺激すると、性器への血液循環が良くなり、その周辺の筋肉が活発に働くため、不妊症やEDに特に効果があります。ツボを探すときは、ヘソの中心から指幅4本分下へ指を滑らせ、そこから左右に親指幅半分外側の部分を押しましょう」(同)

【ツボの押し方】

両手の中指でツボを押しながら、左右に小刻みに震わせる。これを30秒間続けて行う。

『三陰交(さんいんこう)』

「女性のホルモンバランスを整え、子宮や卵巣の働きを高める『婦人病の特効ツボ』と言われているツボです。内くるぶしの骨の頂点から指の幅4本分上の骨のキワに位置します。このツボを押して刺激すると、女性の感度が高まります」(同)

【ツボの押し方】

徐々に力を強めながら「1、2、3、4、5」と5秒間押した後に、「5、4、3、2、1」と徐々に力を弱めながら指を離す。これを20回ほど繰り返す。

男子の性機能を高めるツボ

『亀頭穴(きとうけつ)』

『大敦(たいとん)』

「足の親指の先にあるのが『亀頭穴』、親指の内側の爪の付け根にあるのが『大敦』です。この2つのツボは体内の血液量を調整し、下半身の血流を良くする効果があります。押して刺激すれば、精力減退やEDなどの改善に繋がります。ちなみに、『大敦』は女性の感度を高める効果もあるんですよ」(同)

【ツボの押し方】

手の人さし指と親指で、2つのツボをつまむようにして揉む。「亀頭穴」は、手の人差し指の第2関節を尖らせた部分で擦るように刺激するのも効果的。

 夜に効くツボって、こんなにたくさんあるんですね!

「これらのツボ押しをより効果的にするには、お風呂に入るなどして体を温めて、あらかじめ血流が良い状態にしておくことが大切です。また、ツボを押す側も手を温めておくと刺激が伝わりやすくなりますよ」(同)

 恋人との距離を縮めたいと思ったら、ツボ押しから始めてみるのもアリかもしれませんね。

(岡本温子/short cut)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

岡本温子

short cut

あわせて読みたい