ヒトメボ

カウンセリングサービス所属カウンセラー

阿部純也

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

 ドラマや漫画でよく、第一印象は最悪だったけど、ふと優しい面や面白さが垣間見えて後々恋人同士に…なんて設定がありますが、これって実際の恋愛でも使えるのでしょうか? でも、初対面で嫌われるように振る舞うなんて、ちょっと荒業すぎ…?

第一印象よりもその後のアプローチにコントラストを!

「あえて第一印象を悪くするというのはオススメしませんが、前後のギャップ差が大きいと、後からのものがより強く感じられる “コントラスト効果”という心理法則があるのは事実です。しかし、だからといって第一印象が嫌われるような振る舞いになってしまっては、印象を良くするというより回復止まりでしょう。恋愛で多いのは『話してみたら面白い人だった』『意外と優しい人だった』など、始めはパッとしない印象から生まれたコントラスト効果です。第一印象に強くこだわるよりは、その後のアプローチにコントラストをつける方が良いでしょう」(心理カウンセラー・阿部純也さん)

 やはり、そんな無茶なテクは通用しないということですか…。でも、その“コントラスト”をつけるにはどうすれば?

普段の自分の印象と反対の振る舞いをする

「自分が周りにどういう印象を持たれやすいのかリサーチしておいて、普段自分が思われているものと反対の振る舞いでアプローチしてみましょう。明るくて軽いなら、ちょっとまじめな話題を。クールやまじめなら、ユーモアを。優しくて穏やかなら、積極的に。ただし、無理して全く違う自分を演じては空回ってしまいますから、あくまでも自分の中にある意外な一面、例えば“明るくて軽い自分の、まじめな部分”をアピールしてみるとコントラストが生まれますよ」(同)

 なるほど。自分のなかにある、普段、人にはあまり見せない姿を見せることで、ドキッとさせることができるんですね! でも、いわゆる“キャラのギャップ”を見せても相手がなびかない場合は、ほかにどんな方法があるのでしょうか…!?

相手の欲求に気づいて満たしてあげること

「“人の好みは千差万別”といってしまえばそれまでですが、ホストの世界では“オラオラ営業”と呼ばれる、尊大で強気な態度を好む女性もいます。SMの世界では、辱められたり、虐げられることに愛を感じる人もいます。意中の人にMッ気があれば、『お前(あなた)ってほんとダメだなぁ。だから面倒みてやるよ』と言うと、“自分のダメなところもわかって、愛してくれている”という風に強く感じる人もいます。恋愛は必ずしも定説通りではなく、その人が感じていることや欲求に気付いて、それを満たしてあげられることが最大のポイントなんです」(同)

 なるほど、必ずしも「相手のいいところを褒めまくる」などの王道テクだけが、有効なアプローチとは限らないんですね。さらに阿部先生は「一発逆転を狙うなら…」と、とっておきの秘策も教えてくれました。

あえて怒りのエネルギーをぶつけてみる

「一般的に“ケンカは良くない”という認識がありますが、怒りのエネルギーは本気さを感じさせるので、使いようによっては一発逆転のテクニックに成り得ます。例えば、デートの誘いに乗ってくれない女性がいたとして

『なんでデートしてくれないんだよ! 俺はキミとデートがしたいんだ! キミの笑顔を見ながら飯を食えたらそれが最高なんだ、ちくしょう!』

などと叫べたとしたら、相手は『まあ、一度くらいなら』という気になるかもしれません。相手を何よりも一番と示すことで、相手の心にある“認められたい”という欲求を満たしてあげることができます。また、一発逆転を狙うなら、勇気を出して『自分はあまり容姿も良くないし、取り柄もない。でも、あなたが大好きです! あなたと付き合えたら、すごく嬉しい!』などと心の底から本音と正直な気持ちでアプローチしましょう。あなたが自分の欠点にさえも正直になれたら、そのアプローチは相手の警戒心や疑いを晴らしてくれるんですよ」(同)

 荒業や、オラオラもいいけど、最後はありったけの気持ちでぶつかる気持ちの強さが大事なんですね。いやはや、勉強になりました…!

(冨手公嘉/verb)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

冨手公嘉

verb

あわせて読みたい