ヒトメボ

つぐみ恋愛相談所代表

橘つぐみ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

 仕事や外出先での用事を終え家に帰って来たとき…。あなたはまず、何をしますか?

 「家に帰って来たときは、『オン』の自分から解放される瞬間です。帰宅して、まずどんな行動をとるかを見ると『どのようにオフモードに切り替えているか』、『オンとオフにどれくらいギャップがあるか』が分かると思いますね」とは、恋愛・結婚コンサルタントの橘つぐみさん。

 そこで、家に帰ってまずすることから「仕事と私生活のギャップ」を分析していただきました!

手を洗う人

「子供の頃のしつけを大人になっても一番にきちんと守るこのタイプは、マジメで固定観念が強い人。柔軟性には欠けますが、頼まれたことはキチンとこなす忍耐強い性格です。一度習慣づいたことは、疑問に思ったりアレンジをしたりすることなく、継続的に続ける従順さがあります。このタイプは、オンでもオフでもつねにマジメでギャップがなく、『面白みがない』と思われることもありますが、堅実で感情が安定した結婚向きの性格と言えます」(橘さん・以下同)

着替える人

「部屋着に着替えることで気持ちを切り替える人は、見栄っ張りで『人からこう見られたい』という自分の理想像が確立しているタイプ。仕事の顔と私生活の顔に大きなギャップがあり『外では生活感を見せずに仕事をバリバリこなすのに、私生活ではヨレヨレのTシャツを着て恋人に甘える』など外見にも内面にも二面性がありそう。また、他人に対して無意識的に気を張ってしまうので、1人の時間がないとストレスが溜まることも」

ソファやイスに座って休む人

「部屋に戻ったら何もせずにとりあえず休む…。このタイプは、服装や行動などの『外的』な変化がなくても気持ちを切り替えられる、精神的に成熟した人。自分の気持ちをコントロールできる自己解決能力が高いタイプです。外見的には仕事と私生活で大きなギャップはありませんが、気の張り方や心構えといった『内面的』な部分にはかなりの差が。とはいえ、基本的には冷静な判断力を持った頼れる存在なので、恋人としても信頼のおけるタイプと言えます」

テレビをつける人

「見たい番組がなくても何となくテレビをつけるという人は、素直で流されやすいタイプ。人が好きで、自分を構ってくれることで安心感を得る寂しがりやな性格です。こだわりが少ないので、ディープな趣味を持っていることもなく、仕事と私生活にあまりギャップはなさそう。頼まれ事を快く引き受けるおおらかな性格ですが、深く考えずに恋人以外の異性を自宅に招くなど、『隙』が多いタイプでもあります」

洗濯物を片付けるなど、整理整頓する人

「干してある洗濯物をしまったり、部屋の掃除をするなど、やるべきことをやってからでないと落ち着けないこのタイプは、自分に厳しくやや神経質。『自分ルール』があり、それに沿って行動せずにはいられない頑固な面を持っています。適当なことを嫌うので家にも仕事を持ち帰るなど、仕事と私生活の区別が曖昧でオンとオフのギャップは少なめ。ただ、一見キチキチと仕事をこなす自信家に見えて内面は繊細で打たれ弱い、といった外見と内面のギャップは大きいでしょう」

窓を開けて空気の入れ替えをする人

「密室になっていた部屋の空気を『何となくイヤだ』と感じるこのタイプは、感覚で物事を判断する気分屋さん。ただ、自分がこだわる部分には強い主張を持っていますが、それ以外は無頓着なことが多く、大雑把な面と細かな面がハッキリわかれている人と言えそう。感情の浮き沈みが顔に出やすい素直な性格なので、オンとオフで別の顔を使い分けることはほとんどありません」

 いかがでしたか? 恋人の家に遊びに行ったとき、同棲中のパートナーが帰ってきたとき、さり気なく行動を観察してみては? ふだん自分に見せている顔とオンの顔はけっこう違うのかもしれません。

(榛村季溶子/short cut)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

榛村季溶子

short cut

あわせて読みたい