ヒトメボ

「嫌われ恐怖症」と脳の関係。嫌われたくない心理は恋愛にどう影響する?

嫌われることへの恐怖心……。原因は過去にあるんです

嫌われることへの恐怖心……。原因は過去にあるんです

2017年01月23日(月)  読了時間:約4分
 とにかく人から嫌われたくない。嫌いな人間からも嫌われたくない。嫌われたくないから自分を出せない…。近年、そんな「嫌われ恐怖症」の人が密かに増えているようです。でも、そもそもどうして、そうした思考に陥ってしまうのでしょうか? 「五感プロデュース研究所」主席研究員の荒木行彦さんにお話を伺いました。


嫌われ恐怖症は過去のトラウマ体験が原因!?

「嫌われ恐怖症は、対人関係に深い関わりがあります。例えば、過去に異性に告白したら馬鹿にされた、酷いことを言われた…など一種のトラウマが原因となっていることが非常に多いです。これらのトラウマ体験は、脳の『扁桃体』という、人の感情を司っている部分が記憶しているんです」(荒木さん)

 荒木さんいわく、嫌われ恐怖症の人は過去の自信喪失がきっかけで、また同じことを言われたらどうしよう…という思考に陥ってしまいがちなのだとか。

脳は不快なことほど強く記憶する

「私は嫌われている、嫌がられているといったマイナス思考が生み出す感情は、脳の『大脳新皮質』の脳神経細胞を構成する、円錐形のコラムという細胞に記憶されます。このコラムは本棚のようなものなので、その記憶の量は膨大です。さらに、人の脳は楽しいことや快感よりも、つらいことや不快なことを強く記憶する傾向があるため、嫌なことを言われたショックや嫌われたらどうしようという感情ほど、頭の中に長期記憶として残ってしまうのです」(同)

 たしかに、「小学校でいじめられたのをきっかけに、人の目を見て話せなくなった」、「親の躾が厳しかったので、常にマジメないい子を演じていたら、大人になっても素を出せなくなった」など、自身の嫌われ恐怖症と過去の経験との関係を自覚している人も多そう。さらに、そのネガティブな記憶は体にも異常をきたすことがあるそう。

体に表れる異変とは? そうして負のスパイラルに……

「嫌なことや不快感を催すと、脳内ではノルアドレナリンが分泌されます。これは興奮したときに分泌されるアドレナリンと似た物質で『脳内麻薬』としても知られており、過剰に分泌されると心拍数が上がったり、動悸や震えが止まらなくなるなど様々な現象が起こるのです。その結果、過剰に人前で怯えたり、被害妄想に陥ったりしてしまうのです」(同)

 そうして「嫌われたくないが故に、嫌われないような行動をとる」→「そのことが原因で、余計に嫌われる」→「ますます嫌われないように注意深くなる」といった負のスパイラルにハマってしまい、悩んでしまう人も……。これらの思考回路は、恋愛面にも影響を及ぼすと荒木さんは指摘します。

嫌われ恐怖症が恋愛に与える影響

「よく、恋人からメールが届かないからどうしているのか心配だ、嫌われたのだ、と感じてしまう人がいます。でも実際は、仕事が忙しくてメールができないだけかもしれません。しかし、嫌われるのを恐れて男女間のコミュニケーションが希薄になると、余計な心配ばかりが増え、嫌われるのが恐いと考えれば考えるほど苦しくなります。ついには脳がハラハラ、ドキドキして疲れきってしまい、『こんなに苦しいならいっそ終わりにしたい』と、せっかくの恋を失うことにもなりかねません。

また、男性に多いプライドの高い人ほど、女性にフラれることを怖がり、臆病になります。そして、嫌われるくらいだったら最初から恋などしなくていい、という『絶食系男子』などと称される人が増えてきたのです」(同)

 この嫌われ恐怖症を克服するためには、過去のトラウマや失敗の経験を忘れるくらい、新たな経験をしたり、いまの恋愛に夢中になることが大切だそう。

「失敗は怖いことではなく、よりあなたを魅力的に、精神的にも強くさせ、『嫌われることへの免疫力』がつくということなのです。嫌われることを怖がっていては、自ら人を愛することも難しくなります。特に若い人には、怖がらずに多くの人とコミュニケーションをとり、前向きな思考を身につけてほしいですね」(同)

 でも、沁みついてしまったネガティブ思考をポジティブに変換するのは、そう簡単なことではないような……。

「そのためのコツとして、私は『いい加減』を推進しています。いい加減とは、無責任や出鱈目ということではなく、丁度よい加減という意味。恋愛でも人生でもストレスはつきものですので、恐怖心ともうまく付き合いながら、『少しくらい嫌われたって大丈夫』と自分の脳を解放してあげてください」(同)

 最初は勇気がいるかもしれませんが、「いい加減」に少しずつコミュニケーションの方法を変えてみると気持ちも軽くなっていくかも。もし現状にもどかしさを感じているなら、嫌われ恐怖症克服に向けての一歩を踏み出してみませんか?
(池田香織/verb)
識者紹介
荒木行彦
「五感プロデュース研究所」にて、人間の五感、感覚心理、脳科学にまつわる研究を行う。また、「恋愛を科学する」をテーマに女性 の“女脳”の研究や五感力トレーニングなどの推進も行っている。女性誌や週刊誌、TV番組など各メディアでも活躍中。
五感プロデュース研究所HP

この記事はどうでしたか? ハートをクリックして評価してください。

評価する
コメント
0/400

コメントに関する注意

シェアする

あわせて読みたい