ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

好きなスポーツを観る際、テレビなどの中継もいいですが、時間などの都合がつけば生の試合を観戦するようにしているという人も少なくないはず。現地でのスポーツ観戦で起こりがちなことについて、ヒトメボ読者に聞いてみました。

応援したチームが負ける

「私が応援したチームは絶対負けます。もちろん本当はそんなはずなくて、実際はただの偶然だとわかっていますが、会場まで応援しに行くとあまりに毎回大敗するので、最近は私が行かないほうが贔屓チームのためなんじゃ……と思ったり……」(愛知・28歳女性)

実際にはそんなことはないとわかっていても、応援しているチームがいつも負けっぱなしだと、思わず「自分が応援しているから……?」と考えてしまう人は少なくないですよね。ためしに一度応援をやめてみたら、その日に限ってチームが勝って疑惑を深めることも……。

席を立っている間に点が入る

「サッカーの話なんですけど、膠着状態で試合に動きがなさそうだと思ってトイレに立ったら、戻ってくると点が入っています。しかもだいたい贔屓じゃないほうに」(埼玉・38歳男性)

「売店やトイレに行っている間に点が入ることが多いです。今までで球場で観た試合で最悪だったのは、9回裏なのにどうしてもトイレに行きたくなって、贔屓球団の攻撃じゃないしすぐに戻ればいいやと席を立ったら、その間にサヨナラホームランが出て負けたやつです。でもまあ、負ける瞬間を見ずに済んだと思えば……」(神奈川・35歳男性)

ゲームは長いし、休憩中はトイレも混むし……と途中で席を立つと、なぜかそのタイミングで試合が動くんですよね。観ていない間に応援しているチームが点を取られるのも悲しいですが、贔屓チームが点をとって盛り上がっている観客席に、いいシーンを見逃したまま戻るのも切ないものです。

試合前にすでに楽しさのピークがある

「試合自体ももちろん楽しいのですが、私の好きな選手は控えのことが多いので、試合前練習のほうが気合が入ります。普段試合ではなかなか見られない推し選手のプレーが間近で見られて最高です」(京都・29歳女性)

「試合前のイベントで一通り盛り上がるから、試合本番はかえって冷静なことが多い」(埼玉・25歳男性)

選手たちの試合前のウォームアップを公開している場合、開場時間頃に会場に着いていると、テレビ中継ではほとんど映されない試合前の練習風景を見ることができます。また、開場から試合までの時間を利用して行われることのあるファン向けのイベントを楽しみにしている人も。

実況や解説が欲しくなる

「普段はテレビ中継で観ているので、たまに会場で試合を観たりすると、実況のアナウンサーや解説者がいたらいいのにと思います。間近で観ているわけではないから気づかないプレーもあるし、自分でやった経験がないスポーツの場合、解説を入れてもらわないと複雑な戦略がわからなかったりするので」(奈良・22歳男性)

テレビ中継でも解説はいらないという意見もありますが、視覚情報だけでは足りない部分を補うには、実況や解説が重要なこともありますよね。プロ野球のようにラジオ中継がある場合は、ラジオを持って行く人もいるそうです。

モニターばかり見てしまう

「わざわざ球場まで観戦に来ているんだから自分の目でプレーを観ればいいのに、結局オーロラビジョンのリプレイ頼りになります(笑)。双眼鏡はブレるし、座席から選手までの距離を考えると、正直モニター観るほうがわかりやすかったりするんですよね」(東京・40歳男性)

現地での観戦は試合全体を俯瞰することができますが、距離がある分、ビデオカメラで撮影された映像に比べると、選手一人一人の動きや表情はとらえにくいものです。せっかく会場にいるのに、気づけば試合状況などの映っている大きなモニターにばかり目がいっていた……なんて人も。

生観戦はテレビなどの中継に比べて臨場感もありますし、何より会場の熱気が直に伝わってくるのが楽しいですよね。みなさんは、現地でのスポーツ観戦でどんなことをよく経験しますか?

(ヒトメボ編集部)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

ヒトメボ編集部

あわせて読みたい