ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

飲み会などでその場の雰囲気を盛り上げようとしたり、自分をよく見せようとしたりして、事実にちょっとアレンジを加えたエピソードを話したこと、あなたにもありませんか? 今回は女性のヒトメボ読者に「飲んでいるときについ話を盛ってしまったこと」を聞いてみました。

友だちが芸能人

「帰省して地元の同級生と飲みに行ったときに、東京で華やかに生活している感じを自慢したくて、人気のファッションモデルが同じ大学に通っていて仲良しだと話を盛りました。本当は私の友だちの友だちがキャンパスでそのモデルを見かけたらしい……というだけで、私とはなんの繋がりもありません」(東京・20歳女性)

「友だちの幼馴染が有名なタレントさんで、一度だけ3人で会ったことがあります。それを『2人でよく会う』と盛って話しながら、一緒に撮ってもらったツーショット写真を見せるのが飲み会の鉄板ネタです」(埼玉・21歳女性)

有名人と交流があると聞くと、なぜかその人まですごいような気がしてくる不思議。しかし、「紹介してよ!」と言われると困ることがあるので注意です。

意識高いアピール

「飲み会の席で久しぶりに会った友だちから『痩せた? キレイになったよね?』って言われたのが嬉しくて、糖質制限ダイエットしてるとか、オーガニック中心の食事にしてるとか、意識高い系インスタグラマーの受け売りで話しちゃいました。その後、自分一人だけシメのラーメンを我慢するのが辛かったです……」(千葉・27歳女性)

 

「最近忙しくて大好きなテレビが観られていなくて、エンタメの会話でみんなが盛り上がっているときに話題についていけませんでした。自分に話を振られたとき、素直にわからないと言いたくなくて『最近のテレビって面白くなくて観てないんだよねー。ラジオ聴いたり映画観たりはよくしてるんだけど』と、一歩先を行っているワタシアピールで乗り切ってしまいました」(東京・28歳女性)

「化粧品の話題になったとき、本当はいつもドラックストアのプチプラコスメなのに、見栄を張って『デパコスをライン使いしてる』と話を盛っちゃいました。最近のコスメは安くても質がいいものも多いので、バレてない……つもりでいます(笑)」(神奈川・29歳女性)

会話の流れでついつい話を盛ってしまうパターン。多少の見栄はご愛嬌?! ただし、意識高いアピールはやり過ぎると相手を不快にさせてしまうこともあるので加減が難しいところです。

フラれたのにフったと言う

「前に付き合っていた彼とどうして別れたのかと友だちに聞かれ、『彼の浮気がわかったので愛想を尽かしてこちらからフった』と答えました。でも実際は『彼の浮気がわかった』ところまでが本当で、私からフったというのは嘘。別れようと言う彼に『嫌だ!』と数ヶ月すがり続けましたが、最終的にまったく連絡が取れなくなり……。今も未練タラタラですが、『フった』と言い張ることで、別れを受け入れる努力の最中です」(栃木・24歳女性)

なんだか切ない女心。一日も早く気持ちが切り替えられるといいのですが……。

ちょうどいい交際期間

「つい先日別れたばかりの恋人と付き合っていた年数を聞かれたときは、2年半と答えるようにしています。短すぎると飽きっぽくて浮ついていると思われるし、長すぎると『なんで結婚しなかったの?』と言われるので。最後に彼氏がいたのは学生時代だから、そもそも別れたばかりの元カレの存在自体が嘘なんですけどね(笑)」(長野・28歳女性)

多く盛るわけでもなく少なく偽るわけでもなく、「微調整」するという上級テクニック。と思ったら、元カレの存在すら嘘という大した盛りっぷり。熟練感があります。

お酒の席の勢いでついつい話を盛ったこと、あなたにも思い当たるものはありましたか? お酒の量も話の盛り方も、尾を引かないくらいが一番かもしれませんね。

(シャモジョー)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

シャモジョー

あわせて読みたい