ヒトメボ

「俺、昔はヤンチャしてたからな」 男が酔った勢いでつい話を盛ること

酔った勢いで経験人数を盛ったこと、ある?

酔った勢いで経験人数を盛ったこと、ある?

2018年05月23日(水)  読了時間:約3分
人間、悪気はなくともつい虚勢を張ってしまうもの。とくにアルコールが入っていると自制心が緩みますから、うっかり話を脚色してしまうこともありますよね? 酔った勢いでつい話を盛ったことについて、ヒトメボ男性読者に聞いてみました。


年収

「高校時代の同級生と飲むことになり、仕事の話になると自然と年収の話に。自分が一番最後に発表する流れになりましたが、みんなびっくりするくらいしっかり稼いでいて…自分が一番下だったんです…。でも、とっさに盛って6人中上から2番目くらいの年収ってことにしちゃいました。そのあと『すげー稼いでるじゃん!』ってみんなから持ち上げられて、飲み代少し多めに払うっていう…。帰り道のなんともいえない切ない気持ちは忘れられないです」(宮城・27歳男性)

年収は、社会的ステータスをはかるための、最もわかりやすく、それゆえ残酷な指標。他の5人も、もしかしたら盛っていたのかもしれませんね……。

映画や本をたくさん知っている

「最近見た本や映画の話題になり、『毎週本を1冊、映画を3作品観てる』と、かなり多めに作品数を盛って話してしまいました。実際は本を1ヶ月に1冊、映画を1週間に1本くらいですかね。……あ、いや、すみません。また盛ってしまいました(汗)」(千葉・26歳男性)

「最近電車の中で本を読む人に憧れて、自分も読書を始めたんです。合コンで早速それをアピールしたくて『暇さえあれば本読んでる』と盛って話したら、子どもの頃からめちゃくちゃ本を読んでる女の子が食いついてきて、実際はそんなに読んでないことがバレるんじゃないかとかなり焦りました…」(愛知・22歳男性)

飲み会で映画や本の話題で盛り上がる時間、ありますよね。みんな負けじと教養人をアピールしたり……。興味のない人にとっては結構退屈かも(汗)。

経験人数

「モテる男だと思われたくて、付き合った女性の人数や経験人数を盛って話しちゃいました」(神奈川・25歳男性)

「経験人数を盛って話すときは『絶対誰にも言うなよ? 俺のキャラが崩壊するから…』ってもったいぶるのがポイント。盛り上がるうえに信憑性も増します」(東京・23歳男性)

飲み会に性の話題はつきもの。会話が弾むとつい話を盛ってしまいがちかもしれません。しかし、二人目の男性は常習犯みたいですね(笑)。

大金を溶かした

「FXでちょっと損したことを、『一瞬で100万溶かした』って盛って話したことがあります。リスク覚悟で大金を動かしてる男ってかっこいいじゃないですか。それに、『溶かした』って言いたくて…」(埼玉・27歳男性)

気持ちわかります。「溶かす」って、言ってみたいかも(笑)。

昔は悪かった

「『昔ヤンチャしてたんだよね』と、つい脚色した武勇伝を話してしまうことがあります。『中学のとき、30人のチームを束ねててさぁ』みたいな。シラフで振り返るとかなりイタいし恥ずかしい」(神奈川・33歳男性)

人より少しだけ特殊な自分に酔っていたい、というのは誰彼あるはずですから、そうした自意識からうっかり架空の悪自慢をしてしまうのでしょう。


悪意はないはずですから、嘘と呼べるかどうかは微妙なところですが、盛り癖のある人も少なからずいるはず。共感できるものはありましたか?
(シャモジョー)

この記事はどうでしたか? ハートをクリックして評価してください。

評価する
コメント
0/400

コメントに関する注意

シェアする

あわせて読みたい

カテゴリ