ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

都会から転校生が来ると聞くと、「この田舎にどんなヤツが攻めてくるんだ……」と身構えてしまいますよね。あれこれ勝手な想像を膨らますけれど、とはいえ同じ子どもですから、実際には自分たちとそれほど変わらない場合も。都会からの転校生にいだいた勝手な幻想について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

芸能人と知り合い

「都会から来る転校生は、芸能人と顔見知りなんだろうと決めつけてました。実際は……僕の学校に来た転校生は、あまり有名でない人とすれ違ったことがある程度で、知り合いは誰もいないみたいでがっかりした」(岩手・31歳男性)

勝手に期待されて、その後絶望されるなんて、転校生もたまったものではないですね……。

気取っているキザなやつ

「都会の学生なんてどうせ田舎を見下していて、気取ったヤツらばっかりだと思ってました。でも実際に転校してきたのは、気さくでめちゃくちゃいいやつでしたね。今でも年一回は飲みに行きます」(大阪・29歳男性)

「東京から男子の転校生が来るということで、女子たちが数日前から騒いでました。『どうせキザなかっこつけたヤツがくるんだろうな』と思っていたら、ひょうきんで人当たりの良いヤツでした。方言にもすぐ馴染んでましたね」(熊本・33歳男性)

今度は逆に、嫌味な幻想が好転した事例。刺激や情報の多い都会にいただけに、世を拗ねてみているんじゃないか……と、迎い入れる側はひねくれた幻想を抱いてしまうよう。

ランドセルが茶色

「私が小学生のときは、みんな男子は黒、女子は赤のランドセルと決まっていたけれど、東京からの転校生と聞くと、なんかすごい鞄もってそうとか想像してました。高級な茶色い皮のランドセルで、しかもちょっと形が普通のとは違う……みたいな。女の子でしたけど、普通の赤いランドセルだった」(熊本・24歳女性)

持ち物がなんかすごそう……と想像していた人も。私立の場合は別として、公立小学校から公立小学校への転校の場合は服装や持ち物にそう変わりはないのかもしれませんね。

名詞に〝お〟をつける

「都会からの転校生って、貴族のイメージがあるんですよね。女の子なら、『お魚』『お給食』のように、名詞になんでも〝お〟をつけるのを想像していました。実際は全然そんなことなくて、庶民的ですぐに仲良くなれた」(新潟・35歳女性)

「標準語=上品」というイメージからでしょうか。都会の女子と聞くと、お嬢様を想像してしまうようです。

ゲームをたくさん持っている

「都会に住んでいたというだけで、ゲームをとにかくたくさん持っているイメージでした。流行りのソフトをプレゼントとかでたくさんもらうんだろうなって。確かに僕よりは持ってましたけど、めちゃくちゃたくさんってわけではなかったです」(奈良・33歳男性)

「都会出身→お金持ち→ゲームをたくさんもっている」に脳内変換されるようです。

色白

「都会から来るというだけで、色白の女の子が転校してくるんだと決めつけてました。なんだろう、『アルプスの少女ハイジ』に出てくるクララとかを想像してたんだと思います。実際は、もちろん必ずしも色白というわけではないです(笑)」(兵庫・28歳男性)

肌の色は、遺伝の問題ですしね。とくべつ「都会出身だから」というわけではないのですが、どうしてでしょう……都会の子どもは外で遊ばないイメージ?

都会と聞くと、貴族を想像してしまうのですね。都会からの転校生に勝手に思い描いていた幻想、心当たりがあるものはありましたか?

(ゴジョー)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ゴジョー

あわせて読みたい