ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

 大好きな恋人だからこそ、ついついワガママを言ってしまうこともあるはず。多少ならかわいいものですが、エスカレートすると考えもの。ということで、「今まで一番きつかった恋人のワガママ」をアンケート! あなたならこのワガママ、耐えられますか?

 まずは男性に聞いた、彼女のワガママから。

◆「バイトや授業を休んでほしいというもの」(東京・26歳男性)

 学生時代の恋愛にありがちですが、それにより、卒業前に単位取得でヒーヒー言うのはごめんです。

◆「1時間に1回は必ずメールないし電話を入れるように言われた。仕事で連絡できない場合は、事前に伝えなければいけない。結局そのルールを守れたのは1ヵ月だった」(大阪・27歳男性)

 1時間に1回連絡しなければならない理由は何なのでしょうか…。1ヵ月続けただけすごいと思います。

◆「好きなお笑い芸人のテレビを録画していたら、『なんでそんな番組録るの?』と怒りだした。その場で見ているわけではなく、録画していただけなのに!」(長野・29歳男性)

 このワガママの裏には、「好きなものまで共有したい」という思いがあるのかもしれません。それを相手が受け入れるのは容易ではありませんが…。

◆「学生時代、彼女に『誕生日プレゼントは10万円以上じゃないと嫌だ』と言われたこと」(栃木・28歳男性)

 大学生で10万円…。学生時代にそんなセレブな交際を求めないでください! 

◆「会った瞬間の雰囲気がカッコ悪いと、1時間以上は不機嫌になる元カノ」(静岡・31歳男性)

 その日の服装や髪形が彼女の機嫌を左右するのですね…。そんな憂うつなデートをするなら別れたくなります。

◆「男友達だけで旅行に行こうとしたら、彼女が『連れてって』と散々ダダをこねてついてきた」(香川・30歳男性)

 男友達の中に1人彼女を連れていくのは、彼氏としても気を使うので嫌ですよね。

 続いては女性に聞いた、彼氏のワガママです。

◆「自分が理解できない趣味は一切やめてほしいと言われたとき。趣味くらい好きに持たせてほしいと思った。その趣味をやめたはいいものの、家にいる時間が増えたら増えたで、ひとりの時間がほしいって言われたときはさすがに怒った」(新潟・33歳女性)

 もはやどうすればいいか分かりません! 「別れる」という結論以外ないのではないでしょうか?

◆「学生時代、私の部屋に来て、自分だけ参加している講義のレポートをやり出した。その間にテレビを見ようとすると『うるさいから消して』といわれ、『だったら家でやれよ』と怒鳴った」(静岡・26歳女性)

 怒鳴って正解だと思います。一人だとレポートが進まない彼氏の気持ちも、ほんの少し分かりますが…。

◆「『俺のことが好きだったら、お金貸して』と何十万も要求してきた。その時はまだ若く、つい貸してしまった」(岐阜・27歳女性)

 これはもうワガママのゾーンを超えています! 同じようなケースに出くわしても、絶対貸してはダメですよ!

◆「自分より背が高く見られるのが嫌という理由で、デートの時はヒールを履くのを禁止された」(兵庫・25歳女性)

 確かにワガママなのですが、筆者(男性)は共感の気持ちが強くて困っています…。

 相手への気持ちが新鮮なうちは、行きすぎたワガママもつい許してしまいがちですが、一度許すと相手のワガママがどんどん過熱する可能性があります。先々のことを考えて、付き合い始めから相手のワガママには注意深く対応した方がよいかもしれませんね。

(有井太郎+プレスラボ)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

有井太郎+プレスラボ

あわせて読みたい