ヒトメボ

作家・女豹ライター

島田佳奈

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

 好きになる相手はいつも同じようなタイプ。顔や背丈や体型、どことなく雰囲気が前の恋人と似た人を好きになってしまう…挙句の果てに、別れ方までいつも同じパターン。こんな恋愛傾向の人、いませんか? 恋愛コラムニストの島田佳奈さんにお話を伺いました。

「人は楽しかったデートの思い出や心地よかったイメージを、相手の顔やスタイルや香り、性格や言動などといった要素と結びつけ、それらを快楽として記憶しています。脳は快楽を何度でも欲しがるため、似たような声に思わず反応したり、同じような言葉をかけられて胸がキュンとしてしまうのです。これはもはや、本能的な衝動といえますね」 (島田さん)

 こうした恋愛に陥りやすいタイプっていますか? また、それはどうしてでしょう?

過去の恋愛と同じ展開に安心する!?

「どちらかといえば、こだわりが強く頑固なタイプが過去と似た恋愛をしてしまう傾向があると言えます。このようなタイプの人は、変化に対応する柔軟さに欠けるため、前の恋人と似たタイプを選び、同じ展開になることで安心感を抱きます。過去のうまくいった恋愛パターンにこだわり、それを崩すのが容易ではないので、似た恋愛を繰り返してしまうのです。強引な恋人に振り回されて嫌になって、次に優しい恋人と付き合ったら物足りなくなり、また強引な恋人と…と両極端の2タイプをローテーションする人も多いですね」(同)

 良い展開になるのは途中までなのに、それでも過去のパターンなぞってしまうんですね…。ちなみに、以前の恋人と性格がまったく違っていたとしても似た別れ方をしてしまうことはありますよね?

無意識に心地良さを感じてしまっている!?

「新しい恋愛をしてもいつも同じようなパターンに陥ってしまうとしたら、自分に原因があると疑ったほうがいいですね。片想いばかりで付き合っても長続きしないだとか、不倫やセカンドばかり…というのは、自分がそういうパターンの恋愛を無意識のうちに心地良いと感じているのです」(同)

 そうした恋愛を本能的に“心地よい”と感じているのであれば、避けるのはなかなか難しそう。せめて、恋の結末を変えることはできないのでしょうか?

似ているところではなく違うところを探す!

「同じ結末を迎えないためには、似ているところではなく違うところを探すように心がけて。良くも悪くも、人間は物事をパターン化しがち。似ているから同じ展開になるのでは…という思い込みが、実は同じ結末を引き寄せているのかも」(同)

 また、同じ恋愛パターンに陥る人に向けて、島田さんからこんなアドバイスも。

「似たタイプの人を好きになるのは、好みがはっきりしている証拠でもあります。だけど、あなたと今の恋人というカップルは、世界にたったひとつの組み合わせ。どんなに似たところがあっても、前の恋人と今の恋人は別の人間だということを忘れないで。その恋がハッピーエンドになるかどうかは、あなた次第ですよ!」(同)

 「前の恋人はこうだった」なんて思わず、新しい恋をしたら新しい気持ちで変化を楽しむことが大切なんですね。好きなタイプの人と幸せが長続きするように、筆者も肝に銘じたいと思います!

(冨手公嘉/verb)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

冨手公嘉

verb

あわせて読みたい