ヒトメボ

節約アドバイザー

丸山晴美

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

 恋人とのデート。楽しいけれど、誕生日プレゼントをあげたり旅行に行ったりと、ひとりのときより確実にお金はかかります。恋人がいると、一体年間でいくらかかるのでしょうか? もし年間にかかる交際費があらかじめ分かれば、デートの計画や金策も練りやすいのでは?

 ということで、平均的な20代男性のモデルケースで、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美先生に「彼女の維持費」を算出してもらいました! 女性の場合は「彼氏の維持費」に置き換えて参考にしてみてくださいね。

20代男性のモデルケース

手取り給料約25万円(未婚、ひとり暮らし、交際歴6ヶ月)

・家デート…8,640円(720円×12回/自宅~彼女宅往復の交通費のみ)

・外デート…96,000円(4,000円×24回/ひとり分、交通費・食事代込み)

・誕生日…30,000円

・国内旅行…21,360円/箱根1泊2日(宿泊費17,000円+交通費往復4,360円)

・クリスマス…25,000円

※家デート…月1回(年12回)、外デート…月2回(年24回)、国内旅行…箱根1泊2日(年1回)

ひとり分合計…181,000円

ふたり分合計…298,360円(外デート代、旅行費用を負担した場合)

 あらためて数字に表してみると、出費がより明確になりますね。果たして、この金額を高いとみるか安いとみるか…。そもそもこの交際費は収入に見合っているのでしょうか?

交際費は手取り収入の1割を目安に

「家計を立てるときの交際費の目安は、手取り収入の1割が妥当。この男性の1ヶ月のデート交際費は720円(家デート1回)+8,000円(外デート2回)=8,720円なので、予算内に納まっています。しかし、その1割の交際費の中には友人や会社とのお付き合いにかかる費用も含まれているため、全額を恋愛につぎ込めるわけではありません。そこで大事なのが、『お金のかけどころ』を決めること。例えば、普段は自宅デートを増やして記念日や誕生日で食事やプレゼントに奮発するなど、かけどころを決めておくと予算内で納めつつ、満足度も高まりますよ」(同)

 恋愛にかけるお金もメリハリが重要! ということですね。また、カップルイベントにおいても心得ておくべきポイントが。

「誕生日とクリスマスの予算は、プレゼント代、食事代などを含めた一般的な平均金額となります。箱根旅行は10月の連休に泊まった場合の最安料金の相場なので、ランクを上げればもちろんそれ以上の出費に。例えばこれが、お互いに実家暮らしのカップルならデート代にホテル代が加算。国内旅行を海外旅行に変更すればおのずと交際費が膨れます」(丸山先生)

 丸山先生調べによると、都心部のラブホテルの週末宿泊料金がおよそ12,000円程度(一室)。夏休みシーズンのグアム旅行3泊4日の最安値がひとり40,000円台~とのこと。もっと贅沢したい! という人は、「ボーナスの使い方を工夫しましょう」と丸山先生。

ボーナスの3割の一部を費やす

「旅行費用などの大きな出費はボーナスで補てんするなどして、上手にやりくりしましょう。ボーナスは『7割貯金、3割は自由に使う』が理想の割合。その3割の一部を彼女との時間に充てるなど、有意義に使ってみては」(同)

 なるほど。デート代をケチられては彼女がシラけてしまうし、見栄を張った付き合いをしていたらいつか彼に無理がたたりそう。限られた予算の中でバランスよく交際費を組み立てることも、円満な仲を続けるために必要と言えそうですね。

(坂井あやの/verb)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

坂井あやの

verb

あわせて読みたい