ヒトメボ

恋人に昇格してもおかしくない!? 好きな人から恋愛相談されたらどう応じるべき?

優しく接するだけではなく、自分を売り込むことが大事!

優しく接するだけではなく、自分を売り込むことが大事!

2016年09月21日(水)  読了時間:約4分
 好きな人から恋愛相談された経験はありますか? 筆者はあるのですが、これがかなり対応に困るもの。相手の恋愛が上手くいってしまうのもなんとなく嫌だし、相談されたのに適当なことを言ってしまうのも不誠実で気分が悪い。なんとも複雑な心情になります…。そもそも、相談相手に選ばれるということは、自分には脈がないということ? もう恋人への昇格は諦めたほうがよいのでしょうか?

「可能性は十分にあります。少なくとも相談される異性というのは、仲がよくて信頼しているという証拠。実際、異性の人に恋愛相談をするとき、自分の恋が上手くいっていない分、他の異性に優しくしてもらったり、エネルギーをもらうこと(かまってもらう・なぐさめてもらうこと)を無意識に求めています。ですから、相手の求めるものを提供しながら、上手に自分を売り込んでいけばいいのです」(心理コーディネーター・織田隼人さん)

 この話だけだととても難しく感じるのですが、織田さんによると以下の具体的なポイント3つを抑えれば上手な応対ができるのだそう。


相手の好きな人をけなさないこと

「相手の好きな人を否定するセリフは自分自身の心の汚い部分を見せることになり、相手に良い印象を与えず、上手くいきません」(同)


適度に恋を応援する

「一番良い振る舞い方は“同意”。自分から新たに言葉を付け加えるのではなく、『そうだよね』と言っておきましょう。自分が辛い想いをしてまで褒める訳でもなく、けなす訳でもないという状態にしておくのがベストです。また、ある程度自分なりの答えを持っていて、話を聞いてほしいだけのときもあるので、必要以上にアドバイスせず相手の話を促すようにするのもポイント」(同)


でも、自分を売り込むことも忘れない

「恋愛相談というのは『上手くいっていないことを聞いてもらう』もの。『好きな人が自分の思うように◯◯ (優しくして/時間をつくって/相手をして/甘えさせて)くれない』というときに相談することが多いです。そのときに、『自分だったら、そんなことをせず君のために◯◯してあげるんだけどな』と言ってあげることで、さりげなく自分を売り込めます」(同)

 なるほど。たしかに今のポイントを抑えれば、相手のニーズを満たしながら、自分も傷つかず、アピールできそう! さらに、織田さんいわく、男女によって振る舞いを変えるべき点があるのだとか。

「あなたが男性の場合、頼りがいのあるところを見せるように心がけてください。女性は相談相手の男性には心を開いていきますが、あなたがただ話を聞いてくれるだけの人だと、しゃべってスッキリするだけで友人以上の感情を抱きません。そこで、例えば頭を軽くなでてあげるなど何かしらのアクションを起こし、頼りになるところを見せましょう。すると、女性は『この人に守られている』と実感します。ただ、頼りがいをアピールしたいからといって、相談者の女性の考え方や行動を否定する発言は、『気が合わない相手』『分かり合えない相手』という印象を植え付けてしまうので、避けましょう」(同)

 それでは、女性はどんな振る舞いを心がけるべきでしょうか?

「女性の場合、『色気』や『包容力』を見せてあげると上手く行きます。男性が相談相手に女性を求めるとき、単純に友達感覚であることがほとんど。そこで、話しているときに手を握って元気づけるなどの包容力や女性らしさ=色気を見せてあげることで、異性として認識して、関係が進む可能性が高くなります。このとき上から目線で発言しないように注意しましょう。恋愛感情を育む前に、頼れる姉御という印象を植え付けてしまうためNGです。

 いずれにしても、『自分と付き合うほうが幸せにしてあげられる』と考えておくことが重要。そういう思い込みや自信が『頼りがい』や『包容力』などの態度に反映されるのです」(同)

 自分が相手を幸せにするという強い気持ちを持っていれば、その気持ちは自然とにじみ出るものなんですね。相手の求めるものや掛けてほしい言葉を察知して、上手に自分をPRすれば、気持ちを隠して、辛い思いをする必要がなくなるかもしれませんよ!
(冨手公嘉/verb)
識者紹介
織田隼人
心理学で読み解く男女の違いを追求。主著に『彼に浮気をやめてほしい貴女へ』(あさ出版)ほか。
オフィシャルサイト

この記事はどうでしたか? ハートをクリックして評価してください。

評価する
コメント
0/400

コメントに関する注意

シェアする

あわせて読みたい

カテゴリ