ヒトメボ

保育士

小林ゆかり

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約5分

 恋人と公園でデートしていて小さな子どもに駆け寄られたりしたことは? そんなとき、上手に相手をしてあげられると彼(彼女)からの評価も高まりそう。でも、特に子どもが嫌いというわけでもないのに、いざ子どもを前にするとどうしていいか分からないなんて人も多いですよね。そこで、現役保育士の小林ゆかりさんに3~5歳の子どもにウケる「鉄板ワザ」を教えてもらいました。

「あっち向いてホイ」

「じゃんけんができるようになった子どもから、必ずせがまれる遊びが『あっち向いてホイ』です。これまでの保育士としての経験上、この遊びはどんなに初対面の子でもなぜか必ず盛り上がります。3〜4歳くらいだとまだ指差しにつられてしまう子も多いので、ゆっくりとやってあげてください。じゃんけんに勝ったら『あっち向いて〜』と言った後に少し待ったりして、子どもが振り向いてから違う方を指差し、わざと負けてあげると、『勝った!』と嬉しがってくれます。慣れてきたら、『あっち向いてホイホイ』と2回指差しをして2回とも引っかかなかったら勝ちという、ちょっと難しいバージョンもおすすめです(笑)」(小林さん)

 やるからには真剣勝負! ではなく、きちんと遊びが成立するようにサポートしてあげるのが大人の役目なんですね。でも、たまには勝ってもいいそうです。

「しりとり」

「言葉が早い子なら、3歳頃から楽しんでやりますね。4、5歳になるともっと知っている言葉が増えるので、こちらも真剣にやらないと『早くー!』と叱られます(笑)。まだ語彙が少なかったり『しりとり』のルールがよく分かっていなかったりといった場合でも、たとえば『りんご、次はごのつく言葉だよ。ウホウホと鳴く動物さんは?』などとヒントを出しながらやると楽しめます」(同)

 言葉がパッと出てこない人は真面目にやっても負けてしまうかも。ところで、「しんぶんし」「しわのあるしんぶんし」みたいなイジワルにはどんな反応をするのか気になります。

「電車ごっこ」

「2人以上で縦1列に並び、前の人の腰や肩などを掴んで『しゅっしゅっぽっぽ』と言いながら歩いたり走ったりします。子どもが前でも大人が前でも構いません。『出発進行ー!』から始め、『高速でーす!』と言ってすごく早く走ってみたり、『停止信号です!』と言って急停止したりなどすると喜んでくれます。さらに、何かそこら辺にあるものを駅に見立てて、たとえば『本棚駅でーす。本を取ってくださーい』とか『終点です、みんな降りてくださーい。また乗ってくださーい』などと様々な変化をつけると、子どもたちも自分たちで思いついたことを色々と言うようになり、より面白くなります」(同)

 何人いても楽しめるところがいいですね。むしろ多ければ多いほど楽しめそう。ただ、単純な遊びとはいえ、変化の部分でアイデアを問われますね。そして、知り合いの子どもだったらさらにこんな遊びも……

「メリーゴーランド」

「子どもの両手首をしっかり持ち、その場で大人がぐるぐると回る遊びです。きちんと注意していれば危ないものではないですが、このくらいの子どもは大人から見て少し危険に感じたり乱暴に感じるものほど大好きだったりします。男の子でも女の子でも1度やると何度も『やってー!』とせがまれますので大人が疲れない程度にほどほどに(笑)。ぐるぐるずっと回っていると大人も目が回って危ないので、だいたい1回につき1〜3周くらいでいいと思います。あとは掴んでいる手が汗などで滑らないようにやりすぎには注意して下さい」(同)

 子ども初心者には勇気が必要ですが、大ウケしたらその分だけ達成感がありそう。自分はともかく、子どもにケガをさせないようくれぐれも慎重に!

「おうまさん遊び」

「子どもを背中に乗せて四つん這いで歩く『おうまさん遊び』は、保育園では大勢の子どもの中の1人を乗せると贔屓になってしまうのであまりやりませんが、子どもが少人数で順番が待てる場合はやってあげると大変喜びます。これも『高速でーす』と言って早く動いたり、『地震でーす』と言ってぐらぐら揺らしたり、ベッドやマットの上であれば『不時着でーす』と言ってどーんと放り投げたり、子どもを乗せたまま一緒に倒れ込むなどすると、より面白がって楽しんでくれます」(同)

 バランスを崩してしまう子もいるので、そんなときはおんぶみたいな姿勢で歩いてあげるといいそう。「メリーゴーランド」と「おうまさん遊び」はやわらかい敷物の上でやるのが無難ですね。

 子どもと遊んであげたくても、何をしていいか分からなかったみなさん。自分や恋人の実家で甥っ子や姪っ子に会ったとき、お出かけ先でたまたま知らない子に懐かれてしまったとき、この鉄板ワザを披露してみてはいかがでしょうか? きっと喜んでもらえるはず。恋人や気になる人からは「この人は優しそう、良いパパ(ママ)になりそう」なんて印象も持ってもらえるかもしれませんね。

(相川綾香/コンセプト21)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

相川綾香

コンセプト21

あわせて読みたい