ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

引っ越しといえば、荷造りはもちろんのこと、荷解きも大変なもの。必要なものがすぐに取り出せず、大変な思いをしたことがある人も少なくないのでは? そんな引っ越しの忙しさの中、つい代用品にしてしまったものについて、ヒトメボ読者に聞いてみました。

ダンボール箱をテーブルのかわりに

「引っ越すときに古いテーブルを思い切って断捨離したら、新居に届くはずだった新しいテーブルの配送が遅延して……。しばらくはテーブルがないから、ダンボール箱にテーブルクロスをかけて食卓にしました」(神奈川・33歳女性)

「一人暮らしをはじめたとき、テーブルが必要という発想がなかったので、初日は本の入ったダンボールの上に鍋をのっけて食べた」(千葉・24歳男性)

引っ越し直後なだけあってダンボール箱には困らないからか、テーブルがわりにしたことがある人は多いようです。

バスタオルをカーテンのかわりに

「初めての引っ越しの際、友達に泊りがけで手伝いにきてもらいました。夜になり、友達がお風呂に入ろうとしたとき、ワンルームなので部屋から脱衣所が丸見えなことに気づき、慌てて突っ張り棒とバスタオルで簡易カーテンを作りました」(東京・24歳女性)

「前の住人の退去のタイミングの問題で一切内見できずに引っ越したので、引っ越しの初日は大きなバスタオルを窓にかけてカーテンのかわりの目隠しにしました」(山梨・35歳女性)

窓のサイズに合わせて買う必要のあるカーテンは、入居前に購入できないこともありますよね。バスタオルは家の中にある布の中でも大きいので、汎用性が高そうです。

Tシャツをタオルのかわりに

「引っ越しの日、とりあえず荷物は部屋の中に運んだから寝ようと思い、歯を磨いて顔を洗ったあとで、タオル類がまだダンボールの中だと思い出しました。でももうへとへとで気力が湧かなかったので、今日だけ! と言いながらTシャツで拭きました……」(東京・25歳男性)

引越しで疲れて、とにかくすぐに寝たいという気持ちだったのでしょうか。清潔なTシャツだったことを祈ります……。

鍵をカッターのかわりに

「プラスチック製の組み立て式棚を買ったはいいけど、カッターかはさみがないと開かないタイプのビニール包装だった。一人玄関で作業していたので、他の部屋までカッターを取りに行くのも面倒くさくて新しい鍵で無理矢理破いた」(愛知・32歳男性)

新しい鍵もまさかそんな用途に使われるとは思わなかったかもしれませんが、なんでもいいからものを切れそうな尖ったものが必要になったときは、利用できなくもなさそうです。

ジャンプを枕のかわりに

「学生時代に引っ越したとき、荷造りが下手過ぎて枕の在り処がわからなくなってしまい、ちょうど片付けの休憩中に買ったジャンプをこれ幸いと枕代わりにした。高さはちょうどよかったが、あまりの固さに寝付けなかったのを今でも思い出す」(東京都 38歳 男性)

どちらかというと「代用できなかった品」な気もしますが、何事も試してみるのはいいことです……。次回の引っ越しでは、何を入れたかダンボール箱に書いておくといいかもしれません。

引っ越しはかなり大変で疲れる作業ですから、もうこれでいいや……と手近なもので代用してしまいたくなるタイミングも多いのかもしれません。みなさんは、引っ越しの際に何かの代用品に別のものを使ってしまった経験がありますか?

(yuki8531)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

yuki8531

あわせて読みたい