ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

付き合いたての頃は日々の生活やイベントをいろいろ工夫していたけれど、交際も2年目になると、だんだんおざなりになってくることも出てきますよね。2年目以降雑になりがちな、カップルで行うイベントについてヒトメボ読者に聞いてみました。

バレンタインが既製品になる

「付き合ってはじめてのバレンタインは、手作りでした。手間暇かけてくれて、箱にまでこだわりが感じられて……。それが、2年目以降は既製品になりました。もらえるだけありがたいですが、贅沢を言わせてもらえるならちょっと残念です」(石川/26歳男性)

「最初のバレンタインは頑張って手作りに挑戦したのですが、2年目は買い物ついでに見つけたチョコをプレゼント。彼氏は喜んでくれましたが、渡した瞬間はちょっと微妙なリアクションをしていた気が……(笑)」(福岡/24歳女性)

付き合ってはじめてのバレンタイン、女性はここぞとばかりに気合を入れますよね。しかし、2年目以降、その気合はなかなか持続しない模様。

記念日ディナーがなくなる

「付き合った記念日ということで月に一度、少し贅沢なディナーに出かけていたのですが、最近は節約ムードでぱったりなくなりました。結婚を見据えて貯金などの話が出始めてからは、外食自体もめっきり減りました」(神奈川/28歳女性)

付き合って1年が経つと、結婚の話もちらほら。結婚式やその後のために節約しようという堅実派カップルもいるようです。

デートの際に遠出しなくなる

「1年目にいろいろな場所へ出かけすぎて、知っている場所はほとんど消化してしまいました(笑)。最近は新規開拓もせず、デートも近所ですませることが増えています」(東京/32歳男性)

「平日は仕事が忙しいので、休日はのんびりしたくて……。付き合い始めの頃はそれでもよく出かけていましたが、今は休日一緒に過ごすときは、彼氏の家でのんびり映画を観ることが多いです」(千葉/29歳女性)

二人でのイベントを一通り経験することで満足してしまい、あとは惰性で過ごすパターン。良く言えば、特別なことをしなくても、日々のなにげない生活を楽しめるようになったということかも?

誕生日プレゼントの希望を聞くようになる

「付き合った年の誕生日は、何をあげたら彼女が喜んでくれるかなと考える時間も楽しんでいました。しかし、2年目はなんとなくそれが億劫で……。彼女の欲しいものを希望通りにあげようと思い、事前に何が欲しいか聞きました」(高知/27歳男性)

事前にもらえるものが分かっていると、誕生日までのワクワク感は薄れてしまいそうですが、欲しいものをもらえるほうが相手も嬉しいかもしれません。

クリスマスのサプライズがなくなる

「彼女と付き合って初めてのクリスマスはがんばりました! 夜景のきれいな場所のリサーチ、美味しいと有名な人気レストランの予約、そして寝て起きたら枕元にプレゼントというサプライズ……。『こんな風にしてもらったのは初めて』と感動して泣いてくれました。一方、2年目は忙しかったのもあって普通にプレゼントを渡したのですが、1年目のサプライズに比べるとリアクションは薄めでしたね……」(東京/34歳男性)

カップルの一大イベントである、クリスマス。サプライズはいくつになっても嬉しいもののようです。考えるほうは大変ですが、できれば自らも楽しんで企画したいですよね。

交際期間が長くなってくると、新鮮さやドキドキ感は次第に薄れていき、現実的な付き合い方にシフトしていくことが多いようです。しかし、ずっと一緒に過ごしていくには、2年目以降の楽しみ方こそが重要なのかもしれません。交際2年目以降のカップルのみなさんは、イベントをどうしていますか?

(倉内ソタロー/ヒャクマンボルト)
  • twitter
  • facebook
  • line

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

倉内ソタロー

ヒャクマンボルト

あわせて読みたい