ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

体温を調整したり、コンプレックスを隠したり、そうした理由でファッションを決める人は少なくないはず。逆に、機能的な目的がまったくないお洒落には抵抗を覚えることも……。過剰だなと思うお洒落について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

曇天でサングラス

「曇りの日にサングラスをかけている人を見ると、自己主張が激しい人なのかなと思ってしまう。日差しを防いだり、もしくは有名人で周囲に存在を知られないようにしているとか、そういうのじゃないですものね……。私はしないかなぁ」(東京/24歳女性)

かけはじめたきっかけは、ハリウッド映画などの影響でしょうか。最初は「え、なぜ曇りなのにサングラス……?」という周囲の目との戦いですから、メンタルが強くなりそう。

ツバのない帽子

「ツバのない帽子をしている人。基本的に帽子は太陽から身を守るためのものだと思ってるから、ツバがなかったり室内でも頑なに帽子を脱がない人を見ると『ん……?』となる。薄毛を隠すとか何か特定の目的があれば別ですが……」(神奈川/30歳女性)

その文脈でいくと、ベレー帽やサマーニットなどが該当しますよね。述べられている理由以外にも、ドレスコードや場の雰囲気に合わせる、という意味でかぶっている人もいるのかもしれませんね。

願掛けではない指輪・ネックレス・腕輪

「結婚指輪とか、なんらかの印のためのアクセサリーならわかるのですが、とくに意味のない指輪とかネックレスとかは邪魔なだけだなと思う。人がしているぶんにはいいのですが、私はしない派です」(埼玉/26歳女性)

「部活のミサンガとかならわかるけど、とくに願掛けしているわけでもない腕輪とかは過剰だと思う」(石川/20歳男性)

むしろ、願いや思いがまったく込められていないアクセサリーをしている人ってどのくらいいるのでしょう……。みなさんは、「なんとなくかわいい」「なんとなくかっこいい」という直感だけでアクセサリーをしますか?

ピアス

「マニキュアは爪の形とかコンプレックスを隠す、という意味でわかるのですが、ピアスはよくわからない。相当な信念とか理由がなければ、私の場合は自分の体に穴を開けたいとは思えないです」(東京/23歳女性)

憧れのアーティストや芸能人の影響で、衝動であけたという人は少なくなさそう。もしかしたら「ピアスをすることで気分が晴れやかになる!」など、ピアスをしている人にしかわからない何かがあるのかもしれません。

合理的に考えると特別な意味のない過剰なファッションも、それをしてみたい衝動に駆られるのはわからなくもないです。みなさんには心当たりのあるものがありましたか?

(ヒトメボ編集部)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

ヒトメボ編集部

あわせて読みたい