ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

買っただけで開かれることのないまま、気づくと積み重なっている未読の本たち……。読書が好きな人のなかには、そんな“積読”を溜めている人もいるのでは? 積読している人にありがちなことについて、ヒトメボ読者に聞いてみました。

読むつもりはある

「ここからここまでの本は次の休みに読んで、あっちに重ねている本はその次の連休に読んで……と、積読を消化する計画はきちんとしてあるんです。計画が実行に移されることはあまりないですが……(笑)」(北海道・40歳男性)

「本を買っていると、家族からは『どうせ読まないのに』と苦情が出ますが、読まないだろうなと思って買った本は一冊もないんです。読み始めるまでに少し腰が重いだけで、いつかきちんと読むんです……」(青森・37歳女性)

読みたくて買った本なので、読むつもりはあるんですよね! ただし、読もうという気持ちの強さと実際に本を開く確率は、なぜかほとんど比例しません。

同じ本が複数冊

「読んでいない本は持っているのも忘れるので、同じ本を何度も買ってしまうことがあります。年末の大掃除の際、本棚を整理していると同じタイトルの本が何組も見つかります」(富山・38歳女性)

「文庫本の新刊が出ているのを見て、面白そうだなと思って買ったら、以前買って積んだままにしている単行本の文庫化だったということがよくあります。表紙のデザインが一新されていることも多いので、ちゃんと中身を読んでいないと、自分が持っている本なのかわからなくなってしまうんですよね」(愛媛・30歳女性)

積読していると起こりがちな本の重複……。しかし、知らず識らず同じ本を購入してしまうというのは、趣味のブレなさを感じます。

通勤中に読もうとカバンに入れたまま

「部屋に積んだままにしておいてもたぶん読まないだろうから……と思って通勤カバンに読んでいない本を入れているのですが、結局それもカバンの底に沈んだままです。なぜか読もうと思っていた本とは別の、通勤途中に駅で買った本を昼休みに読んでいます」(千葉・36歳男性)

場所が変われば読めるのでは? と思って持ち運んでみますが、やっぱり開かれない未読の本……。

まとまった休暇に備えて追加する

「すでに読む本は文字通り山のようにあるのに、連休前は本屋に寄って新しい本を追加で仕入れてしまいます。休みが始まる前は、積んである分も含めてなぜか全て読める気がしてしまうんですよね」(滋賀・28歳男性)

本にも鮮度があるので(?)、本を読むためのまとまった時間が作れると、新鮮な本も追加しておきたくなるのが読書家の性です。

読んでも読んでも減らない

「積読している本を読んでいないわけじゃないんです。ちゃんと少しずつ読んで本のタワーが一つ消えた頃に、また隣に新しい本のタワーがそびえ立っているだけで……」(長野・32歳男性)

本の増えるペースに読書スピードが追いつかないせいで生まれる積読もあります。しかし、読みたい本が多すぎるがゆえに未読の本が増えてしまうという状況は、本好きにとってはむしろ幸せなことかも……!?

積読している自覚はあるけど、それでもさらに増えてゆく蔵書……。思い当たる読書好きの人も、きっといるのではないでしょうか。積まれている本も適度に消化しつつ、良い読書ライフを送ってくださいね!

(ヒトメボ編集部)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • はてなブックマーク

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

ヒトメボ編集部

あわせて読みたい