ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

視力が悪い人にとって、なくてはならないものといえばメガネ。しかし、メガネを不便に感じる人は少なくないはず。なかにはちょっとした理由で、メガネからコンタクトに変えた人もいるのでは? 視力のいい人にはあまり理解されない「メガネをやめた理由」について、コンタクトレンズユーザーのヒトメボ読者に聞いてみました。

とにかくレンズが曇る

「寒いところから暖かいところに入るとメガネが曇るのが嫌でした。特に冬は、外出するたびに曇って大変だし……。コンタクトに変えるまでは『1日に何回曇るの〜!』と毎日イライラしていました」(宮城・36歳女性)

「食事中など、メガネが曇るたびに『あ、メガネ曇ってる』っていじられるのが面倒くさくてコンタクトに変えました。メガネユーザーからすれば、そんな当たり前のことをいちいちツッコんでこなくても、って感じです」(北海道・29歳男性)

もはや冬の風物詩といっても過言ではない「メガネが曇る現象」。曇りにくいメガネはあっても、絶対に曇らないわけではないので不便を感じますよね。

鼻にパッドの痕がつく

「お風呂に入るときなど、メガネを外したときに必ず言われていたのが『鼻どうしたの?』でした。鼻周りは目立つので、これ以上痕をつけたくないと思いコンタクトにしました。長年メガネを使っていたので、初めのうちは痕が消えなくて困りましたが、次第に目立たなくなりました」(千葉・27歳男性)

メガネをかけている時間が長ければ長いほど、パッドの痕は深くついてしまいます。ひどくなると色素沈着を起こすこともあるので、気になってしまう人も多いようです。

メガネに前髪のセットを邪魔される

「髪が伸びてくると、前髪をどうするかにすごく悩んでいました。邪魔だからといってメガネの中に入れると目に当たるし、髪の毛が顔にまとわりつくし……。メガネをかけていると髪型にも制限がかかったりして、なかなか大変でした」(京都・25歳女性)

「ちょうど目の上くらいに前髪を置きたいのに、メガネのフレームが邪魔で軽く横に流すしかないのをストレスに感じていました。セットしようにもメガネの位置は移動できないので、結局髪型の方を妥協するしかないんですよね」(千葉・28歳男性)

中途半端な長さの前髪をどうするかというのは、メガネユーザーにとって結構重要な問題です。メガネフレームを上手く活かしたセットをしている上級者もいますが……。

真面目な人間だと勘違いされる

「黒ぶちメガネをかけていたとき、周りから『やっぱり真面目だね』とか『さすが真面目』と言われていたのがストレスでした。本当は全然真面目じゃないのに、期待に応えようとしてか、無意識のうちに真面目っぽい言動をしてしまっていて疲れました」(大阪・31歳男性)

メガネをかけている人は真面目だというステレオタイプ、なぜだか根強いですよね。ただのアイテムに過ぎないもので内面まで判断されてしまうと、ストレスになりがちです。

メガネからコンタクトレンズに変えた人も、依然としてメガネを愛用し続けている人も、一度はメガネのデメリットを感じた経験があるのではないでしょうか。とはいえ、コンタクトよりメガネの方が優れている点ももちろんたくさんありますよね。みなさんはメガネとコンタクトレンズ、どちらを使っていますか?

(ゴジョー)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ゴジョー

あわせて読みたい