ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

毎日のように決まったコンビニに立ち寄るという人は少なくないはず。常連だと店員さんに生活の一部を覗かれているような気がして、変に意識してしまうことも……。「毎日行くコンビニの店員につい妄想してしまうこと」について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

恋心寄せられているかも……

「いつも行くコンビニに、やたら目があう女性の店員さんがいます。もしかして僕のことを気になっているのかも……。そう思うと、僕もその店員さんのことが気になってきました」(東京・25歳男性)

「女性店員さんからお釣りを受け取る際、手が触れ合う時間が以前より長くなってきている気がするんです。もしかしてこれって、脈アリ?」(茨城・30歳男性)

「ほぼ毎日同じコンビニで同じ唐揚げ弁当を買っているのですが、ある日女性の店員さんが、『唐揚げ弁当も美味しいですけど、他のお弁当も美味しいですよ』と話しかけてきてくれました。『あ、僕の食生活を気にしてくれてる』って嬉しくなりました」(神奈川・33歳男性)

毎日行くコンビニだからこそ、同じ店員さんに会う確率が高くなり、そこから恋に発展するかも……なんて夢を見たことがある男性は少なくないのではないでしょうか。しかしそれは単に、『常連さんに優しくしているだけ』なのかもしれませんよ。

あだ名を付けられているかも……

「いつも肉まんばかり買うので、そろそろ『井村屋』なんてあだ名を付けられていてもおかしくないかもしれません。たまにはおでんでも買おうかな、と思うのですが『井村屋、今日は珍しくおでんだったね』なんて笑われるのではないかと心配になります」(東京・27歳男性)

「友人によく、芸人の『椿鬼奴』にめっちゃ似ていると言われるのですが、この前コンビニで豆腐を買った際、店員さんがちょっとニヤけていたんです。多分、『鬼奴が冷奴』って思われていたんだろうなと……」(東京・29歳女性)

それほどのピンポイントなあだ名を思いつくほど勘のいい人は少ない気が……。笑われていると思っても、それは接客としての笑顔だったのかも?

浮気していると思われているかも……

「彼女とよく行くコンビニに別の女友達と一緒に行ったら、レジの人に『へえ〜』って表情をされました。後日彼女とコンビニ行ったときめっちゃ気まずかったです」(東京・28歳男性)

「職場と家が近いので、最寄りのコンビニに会社の男性社員と一緒に行く場合もあれば、彼氏と一緒に行く場合もあります。たぶん二股かけていると思われているんだろうな……」(千葉・23歳女性)

 1日にたくさんお客さんを接客するコンビニの店員さん。そんなにお客さんのことを覚えていないかもしれません。ただ毎日違う異性と一緒に通っていたら、さすがに疑われるかもしれませんね。

貧乏だと思われているかも……

「公共料金の支払いの際、いつも払込期限が切れてしまっているのでお金に困っているやつだと思われているかも。いや、実際お金には困っているのでその通りなんですが(笑)」(愛知・25歳男性)

「経理という職業柄、受け取ったお釣りをちゃんと数えたりレシートを必ずもらったりと、お金に細かいところがあるので、『金に執着する人だな〜』なんて思われているかもしれませんね」(東京・27歳女性)

「ポイントの残高が気になって仕方がないので、よく店員に『ポイントはどれくらい溜まっていますか?』と聞いてしまいます。絶対ケチだと思われているだろうな……」(大阪・29歳男性)

 ポイントや電子マネーの残高は誰しも気になるものなので、ケチとは思われていないかもしれませんよ。さすがに毎回となると面倒臭い客と思われるかもしれませんが……。

なかには、

「禁煙してタバコを買わなくなったんだけど、いつもタバコを買っていた近所のコンビニの店員には『あれ? 最近タバコ買わないですね。もしかして禁煙しているんですか?』くらい言って欲しかった。ぜんぜん俺のことなんて気にしてないんだなって寂しくなった」(神奈川・28歳男性)

なんて意見も。たとえ常連だとしても、店員さんは客のことをそれほど気にかけてはいないかもしれません。とはいえ、こちらはプライベートで店員さんは仕事としての接客ですから、対等ではない関係性に不安を覚えることも。あなたには、コンビニの店員さんについ妄想してしまった経験がありますか?

(長橋諒/ヒャクマンボルト)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

長橋諒

ヒャクマンボルト

あわせて読みたい