ヒトメボ

「決断力」と「リードする力」が大事! 女性が求める“少しの強引さ”

「今日は俺が引っ張るから」…たまには強引に!

「今日は俺が引っ張るから」…たまには強引に!

2017年03月06日(月)  読了時間:約4分
 「優しい人が好き」と言いながら、実際付き合うのは少し強引な男。「優しくていい人なんだけど…」と、友だち止まりで終わってしまう男性もいますよね。でも、ただやみくもに強引にすると嫌われてしまいそうだし、どういうときに強引さを見せればいいの?


まずは自分に好意があるか確認を!


「そもそも男性が強引さを示すとき、女性がその男性に対して一定の好意を持っているというのが大前提です。基本的に好きでもない男性から強引にされてもNGなので、自分に好意や興味があるかをまず調べる必要があります。3回はデートに誘ってみて、1度でもOKされれば、脈アリと考えて大丈夫です」(恋愛コラムニスト・内埜さくらさん)

 なるほど。デートに断られているような女性に強引さを見せたところで、「暖簾に腕押し」ですもんね。じゃあその条件はクリアできたとして、どんな風に強引さを示せばいいのでしょうか?


いざというときの「決断力」が大事!


「男性が考える強引さとは“力任せにいきなりキスをする”とか、“押し倒す”など、不意打ちにボディタッチするのを連想する傾向がありますが、これは女性が一番嫌いなパターンです。女性が望んでいる少しの強引さというのは、そういった直接的な力のことではなくて、いざというときの“決断力”や“女性をリードする力”のことを指しているんですよ。例えば、デート中混んでいる道で何も言わずに手を握ってくれる、とか『次の休みはいつ?』と聞かれて答えたら、『じゃあ次の休みは僕とデートね』と勝手にスケジュールを埋めてしまうだとか。相手に気遣いを入れつつちょっと自分の意志を入れてみたり、女性が望んでいることをあえて、言葉ではなく行動で示すということが、女性が喜ぶ強引さだということを心得ておきましょう」(同)

 そもそもの部分で男性は「強引さ」を勘違いしていたのですね。たしかに、僕自身もそう思ってたかも…。でも、言葉ではなく行動で、しかも女性が嫌がらない範囲で示すってすごく難しくないですか?


守って欲しい場面で強引さを出すこと


「混んでいる道で引っ張ってしまえば、『手をつないでいい?』と聞かなくても、手をつなぐという関係まで発展しますよね。しかも、道が混んでいるというお互いに触れてもいい理由がある。ボディタッチは、こういったような触れてもいい理由があるとき以外はNG。でも、このような守って欲しい場面で強引さを出せば絶対嫌われることはないので、そこをしっかり押さえてくれればと。しかも、草食系だと思っていた男の子が強引さを見せると、意外な一面にギャップを感じて女性をときめかせることもできるんです。普通の男子が強引さを見せるより効果がありますよ」(同)

 やっぱり女子はギャップに弱いという訳なんですね! では、彼女に主導権を完全に握られてしまっている男性には、強引さを見せるスキはないものなのでしょうか?


たまに主導権を握ること


「いつもは彼女の意見を優先している男性も、たまには自分の意志を見せましょう。デートコースを決めるときも『今日は俺の言う事を聞いてくれよ』という風に主導権を握ろうとすると、男性の意志がある姿に男らしさや頼りがいを感じて、惚れ直してしまうものなんですよ。逆に女性のいいなりだと、彼氏から“都合のいいだけの男”に格下げになってしまうことも…。強引さというのは、『女性をリードする』、『決断力を示すこと』だと心得ておけば、草食系男子や弱腰の人でもできるはずです。そんなに難しく考えずに女性を包んであげてくださいね」(同)

 力ではなく、リードする毅然とした態度が、女性が望んでいた「強引さ」という内埜さんのお話。強引さの意味をそもそもはき違えていた人も、今まで勇気がなかった人もこのアドバイスを胸に頑張って女性を引っ張ってあげましょう!
(冨手公嘉/verb)
識者紹介
内埜さくら
これまでのインタビュー人数は1200人超。女性限定でメール無料恋愛相談も実施中。(詳細はブログのプロフィール欄を参照)
オフィシャルブログ

この記事はどうでしたか? ハートをクリックして評価してください。

評価する
コメント
0/400

コメントに関する注意

シェアする

あわせて読みたい

カテゴリ