ヒトメボ

作家・恋愛カウンセラー

マーチン先生

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

 友人などの結婚式に招かれたとき、「自分にも良い出会いがないかな……」と考えたことがある人もいるのではないでしょうか。特に「結婚式の二次会」は、「出会いの場」とも言われるので、期待も膨らんでしまいますよね。今回は、4万件以上の相談実績を持つ恋愛相談師のマーチンさんに「結婚式の二次会での出会い」についてお話を伺いました。

結婚式の二次会で出会いは多い?

「結論から言うと、結婚式の二次会は出会いが多いわけではありません。単純に出会いの多さを求めるのであれば、合コンやパーティーのほうが良いでしょう」(マーチンさん・以下同)

 なんと、意外です! では、なぜ結婚式の二次会が出会いの場として知られるようになったんですか?

「それは、『出会いの質が高いから』です。友人は自分と同レベル(学歴や収入、一般教養など)であることが多いですから、友人の友人もまた、話や価値観が合う可能性が高いですよね。その結果、最終的に交際に結びつく確率が高いということです。クジに例えるなら、1等10万円が5本入っているのが『合コン』、1等100万円が1本だけ入っているのが『結婚式の二次会』といった感じでしょうか」(同)

 たった1本だなんて、倍率の高いクジですね…。その、良質な1本の当たりを引き当てるためには、どのような点に気をつければいいのでしょうか?

結婚式の二次会で出会いを見つけるには?

「結婚式の二次会はあくまで、新郎新婦を祝うのが本来の目的。それを忘れてはいけません。もし、異性に声をかけるのであれば、『どちらから、いらしたんですか? 』のように、礼儀正しく振る舞うことが大事です。話しかけるタイミングとしては、写真を撮ってあげるときや、相手が一人になったときが狙い目ですね」(同)

 その際、相手にいい印象を持ってもらうためのコツは以下の通り。

・その場を明るく盛り上げること。

・立食パーティーであれば、料理やドリンクを持ってきてあげるなど、相手を気遣うこと。

・自然な会話の流れから、次回の約束を取り付けること。(難しければ、連絡先を交換して、お別れした後に電話やメールで好意ととれるメッセージを入れること)

 これらのテクニックは「結婚式の二次会」に限らず重要なことと言えそうですね。友人の結婚式で出会った人との関係は焦らずじっくりと進めれば、交際まで発展する可能性も高いのかもしれません。

 もし、その場で気になる子と話せなかったとしても、新郎新婦や幹事に伝えれば、後日また会える確率が高いのも、結婚式の二次会ならでは。お祝いという本来の目的を忘れずに丁寧な振る舞いを心がけることが、いい縁を導くということですね。勉強になりました!

(船山壮太/verb)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

船山壮太

verb

あわせて読みたい