ヒトメボ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約4分

カラーリングで髪色を変えるというのは、手軽なイメージチェンジの手段のひとつですよね。今の髪もカラーをしてあるという人、多いのではないでしょうか。しかし、誰だって初めからカラーリングという行為に慣れていたわけではないはず。初めて髪を染めたときの失敗について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

ムラがすごい

「中学2年の夏休み、コンビニでカラーリング剤を買ってこっそり家で試してみました。説明書を読みながら自分で染めてみたところ、鏡を見ながら塗った前側の髪は綺麗に染まったのに、中の方や後ろは全然染まっていなくて、すごくカッコ悪い出来でした。もちろん数日で黒髪に戻しました……」(宮城・24歳女性)

自分ではよく見えない後頭部の髪を染めるのは、美容師さんでも難しいそうです。初めてのカラーでやるには、ハードルが高すぎたのかもしれませんね。

頭皮が痛すぎた

「初めてのヘアカラー、お気に入りの雑誌に出てくるモデルさんと同じ色にしたくて、どきどきしながらお願いしたのですが、カラー剤を塗り始めてしばらく経つと、頭皮が焼けるような痛みが……。途中で美容師さんが『痛くないですか?』と優しく質問してくれたにもかかわらず、緊張しすぎた私は正直に痛いと言い出せず。あまりの痛みに泣きそうになりながら、必死で耐えました。仕上がりの色はとても気に入っただけに、あの痛みのせいで次に髪を染めるのが怖くなったのがつらいです」(福島・20歳女性)

カラー剤が肌に合わないとかなり痛みが出るそうなので、言いづらくても、きちんと美容師さんに伝えて対処してもらうのが大切です……。

肌まで染まった

「生まれて初めてのカラーリングは、当時付き合っていた彼女にやってもらいました。ムラができないようにしっかり塗り込んでもらった結果、綺麗に染まりました……。頭皮や耳、おでこまで全部!(笑)」(千葉・22歳男性)

アルカリ性のカラー剤なら、肌についてすぐであれば拭き取ることができますが、初めてのカラーリングだと、そんなところまで気が回らないもの。あっ、と気づいたときにはすでに染まった後だったり。

とんでもない色になった

「初めてセルフブリーチをしたとき、慣れていないので上手いやり方がわからず、とりあえず丁寧にやろうと放置時間を長めに取ったら、黄色みたいな金髪になってしまいました。ちょっと明るめの茶髪にするだけのつもりだったのに想定外の色になって、しばらくはどんな服を合わせればいいのか悩みました……」(千葉・29歳男性)

「自宅の風呂場で初めて髪を染めたとき、いくら時間を置いても全然染まっているように見えませんでした。元の髪が真っ黒で硬めだったので、あまり染まらない髪質だろうなと染めたい色より少し明るめのカラー剤を買っていたこともあり、それでも染まらないことを残念に思っていたのですが、風呂から上がっていつものように髪を乾かし唖然……。明るすぎるくらいの茶髪に染まっていました。濡れているときはよくわからないものなんですね……」(埼玉・24歳男性)

難易度の高いセルフカラー。上手く染めたとしても、パッケージ通りの色にはなかなかならないものです……。

美容師さんに頼んだのに

「美容院で初めて髪を染めてもらったとき、オリーブ系のアッシュにしてもらうつもりだったのに、仕上がりが想像していたのよりもかなり緑っぽい感じになってしまいました。たしかに色の系統は似ていたのですが、完璧に思い通りの色に仕上げてもらうのって、難しいんですね」(愛知・21歳女性)

「本当は表参道や代官山にあるような人気の美容院で染めたかったけど、当時は高校を卒業したばかりで全然お金がなかったので、地元にあるお客さんの年齢層が比較的高めの美容院で染めました。ハイライトがたくさん入った明るめのカラーにしてほしかったのですが、そういう色で染めるお客さんが少ないせいか、仕上がりはやっぱり、思っていたよりも渋めの雰囲気に……。次は東京まで遠征します!」(群馬・20歳女性)

一方こちらは、美容師さんに頼んだのに……な人たちです。髪質や染めたい色味によっても仕上がりの発色は変わるので、イメージしていた色とまったく同じにしてもらうのは、プロにやってもらっても難しい場合があるんですね……。

カラーリングがいつの間にか習慣になり、髪を染めることにすっかり新鮮さがなくなっている人もいるかもしれませんが、初めて髪を染めた日のことを振り返ると、なんだか微笑ましい気持ちになることもあるのではないでしょうか。当時の初々しい気持ちを思い出して、たまには少し、いつもと違った色にしてみたくなりますね。

(シャモジョー)
  • twitter
  • facebook
  • line

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

シャモジョー

あわせて読みたい