ヒトメボ

恋人の写真の扱い方から読み取れる恋愛傾向。見やすい場所に飾る人はどんなタイプ?

その写真、どうしてる?

その写真、どうしてる?

2017年07月04日(火)  読了時間:約5分
 一緒に過ごした時間が長くなるほど増えていく恋人の写真。あれこれ撮ったのはいいけれど、その写真、皆さんはどうしていますか? ある意味、恋人の分身とも言えるからこそ、その扱い方と恋人の扱い方には共通点があるかもしれませんよね。

 今回、お話を伺ったのは、カウンセリングサービスに所属する心理カウンセラー 清水三季央先生。

「もちろん実際には個別にお話を伺わないと言い切れないことではありますが、恋人の写真の扱い方を恋人の扱い方と見立てたときに、読み取れる傾向はあるかもしれませんね。次の4パターンから分析してみましょう」(清水先生)

 あなたやあなたの恋人は、どのように写真を扱いますか?

カメラやパソコンに溜めこんだままにする人は?

*釣った魚にエサをやらないタイプ*
「『何かを手に入れる』という行為に情熱を燃やすタイプの方に多い行動パターンです。二人で過ごす一瞬一瞬を逃さず残したいという想いは強いのですが、いざ、撮影してしまうとカメラのメモリーカードから取り出しもせず溜め込んでしまう…。このような方は、異性に対しても、気持ちを射止めるまでは夢中で頑張るものの、いざ、その想いが受け入れられると、いわゆる『釣った魚にはエサをやらない』になる傾向があるかもしれませんね」(同)

 なるほど、いわゆるハンタータイプの人ですね。お付き合いが始まった後は、意識的に恋人への接し方に注意したほうが良さそうです。


写真立てに飾ったり、待ち受けにしたり、いつも自分が見やすい場所に飾る人は?

*自分がしてあげたいことを優先するタイプ*
「基本的に恋人の存在を大切にしている方です。ですが、それがイコール『恋人が満足するように大切にする』には繋がらないというのがポイント。恋人が大事、それゆえ、相手に自分が“してあげたい”ことを優先してしまう傾向があるかもしれませんね。相手が何をしてほしいかを考えるよりは、自分が愛したいように愛しているタイプ。ちょっとペットをかわいがる感覚にも似ています」(同)

 相手を想っているようで、潜在的に自分本位になってしまいがちということですね。ちょっとひと呼吸して、相手の気持ちを考えるタイミングを意図的につくる必要がありそうです。


アルバム、もしくは記録メディアにきちんと整理して保存する人は?

*恋人も管理するタイプ*
「基本的に几帳面な方なので、恋人との写真に限らず、自分がこだわっている分野では整理整頓が得意でしょう。しかし、きちんとしすぎるあまり、無意識に近しい人まで管理しようとしてしまう傾向が見られる場合もあり、それが恋人となれば、なおその欲求は強まるかもしれません。相手が窮屈に感じないよう注意が必要ですね。また、整理整頓とは、誰もが見やすくわかりやすいよう整える行為なので、このタイプの人は浮気相手とのよからぬ証拠も整理して保管してしまい、わかりやすく見つかってしまうということもあるかもしれません」(同)

 こちらは、「カメラやパソコンに溜めこんだままにする人」とは逆のタイプですね。これまでの歴代の恋人をわかりやすく振り返れるくらい(笑)、きちんと整理し、保存しているタイプの人です。決して威圧的になっているということではないと思いますが、恋人に限らず、無意識に相手を管理しようとしてしまう傾向がありそうですね。


ブログやSNSにどんどんアップする人は?

「これにはどんな写真をアップするかで、さらにタイプが分かれます」(同)

*感情や勢いだけでなく、理性的に恋愛をする慎重タイプ*
「写真を公開するという行為には、恋人をちょっぴり自慢したいとか、2人の時間に幸せを感じているという気持ちが見えます。相手を大切に想っている表れですね。その中でも、自分や二人がいい印象に見える写真を吟味してアップする方は、恋人選びや相手との付き合い方も慎重。感情や勢いだけでなく、理性でも恋愛をする慎重なタイプかもしれません」(同)

*意気投合したら、そのままの勢いやノリで付き合い始めるタイプ*
「特に写真を吟味せず、撮影したものから次々とアップする方は、意気投合したら、そのままの勢いで付き合いはじめてしまうタイプ。相手の性格や条件にこだわるというより、二人の間の空気感やノリを大切にするので、純粋に愛情深い反面、それが冷めてしまった時に、突然の別れが訪れるということがあるかもしれません」(同)

 ブログやSNSで写真を公開する人は、基本的に自慢の恋人や幸せな二人の時間を皆に見てほしい、また、自分で見て楽しみたいという欲求があり、つまりは相手を大切に思う気持ちは共通しているよう。ですが、どんな写真を公開するかによって、付き合い方や相手への向き合い方が違ってくるんですね。

 いかがでしたか? 恋人があなたの写真をどう扱っているか、そっと探ってみるのもいいかもしれませんね。
(内藤香苗/クレッシェント)
識者紹介
清水三季央
10年間で約1万件のカウンセリング実績があり、社団法人日本産業カウンセラー協会認定、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を持つ。月間50万PVのブログでは男性心理のコラムなどが大好評。恋愛・片思い・失恋・復縁・結婚・三角関係・浮気・セックスレス・離婚など男女関係の問題、アダルトチャイルド・親子関係など家族の問題、仕事やメンタルヘルスの問題など幅広く相談を受け、心理療法やカウンセリングを行う。
オフィシャルブログカウンセリングサービス

この記事はどうでしたか? ハートをクリックして評価してください。

評価する
コメント
0/400

コメントに関する注意

シェアする

あわせて読みたい

カテゴリ