ヒトメボ

カウンセラー

清水おりえ

  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する
読了時間:約3分

 横向き、うつぶせ、仰向け…人によって寝るときの姿勢って異なりますよね。一種のクセとも言えそうですが、この「寝相」にも知らず知らずのうちに深層心理が映し出されていたりして?

「自分にとって、寝心地のいい寝相というのは人となりや精神状態、置かれている状況がどのようにあるかというのを分かりやすく示しています。そこから根本的な性格や恋愛傾向を導きだせます」

 とは、心理カウンセラーの清水おりえさん。そこで、今回寝相によって性格や恋愛にどんな違いがあるか先生に分析してもらいました! まずは仰向けで寝るパターンから。

仰向けで真っすぐ寝る人

*性格傾向*

「仰向けで真っすぐ寝る人は、相手に対しても、自分に対しても誠実でまじめな人。社会や人に対して誠実に振る舞えないような状況に陥ってしまった場合でも、建設的に物事を考え、環境を積極的に変えよう、解決策を自分でひねり出そうという考え方を持っています。そのため、大きなトラブルを抱えこむことも少ないと言えます」(清水さん・以下同)

*恋愛傾向*

「人に依存する心が少ないため、恋人に対しても冷静で、相手によっては『面白さや情熱には欠ける』とか『つまらない』と思われてしまいます。しかし、結婚相手にはふさわしい安定した性格の持ち主と言えるでしょう。計画的な性格なので、『今すぐ会いたい』といった急な誘いなどを嫌う傾向もあります。逆に『記念日』には行きつけのレストランに行くなど、パターン化されたデートプランを好みます」

仰向けで大の字に寝る人

*性格傾向*

「明るく活発、楽観的な思考の持ち主で常に目の前のことに全力投球で臨みます。毎日全力で過ごして、1日の終わりに『今日もやりきった』という気持ちになる生き方を望みます。できるだけ刺激的に毎日を楽しく過ごしたいと思っているため、必然的に相手にも明るく闊達な人柄であることを求めます。また、独立心が強く開業したり、企業したりと、ビジネスにおいてもリスクを恐れず、挑戦的でアグレッシブな姿勢を持っています」

*恋愛傾向*

「細かなことを気にせず、開放的です。また、心に悩みを溜め込まず思ったことをズバッと相手に伝えることもしばしば。そのため、悩みなどを溜め込むタイプの人とはうまくいきません。毎日が刺激的なため、恋愛にそれほど重きをおかず、約束も友人との掛け持ちが多かったり、楽しい予定を優先させて『ドタキャン』なんてこともしてしまいそう。今自分がどうしたいかを最優先に考えて動くため、相手によっては振り回されてしまうことになるでしょう」

 一言で仰向けに寝るといっても、性格や恋愛傾向に違いが生じるものなんですね。自分や恋人の寝方を観察してみると、意外なことが分かるかもしれませんよ。

(冨手公嘉/verb)
  • twitter
  • facebook
  • line
  • コメント入力フォームに移動する
  • 評価フォームに移動する

評価

ハートをクリックして評価してね

評価する

コメント

性別

0/400

comments

すべて見る >

ライター

冨手公嘉

verb

あわせて読みたい