• facebookのヒトメボページ
  • twitterのヒトメボページ
  • instagramのヒトメボページ

奮発したのに……カメラが続かない理由。設定を覚えられない? 人目を気にして持ち歩けない?

奮発して買ったのに…カメラが続かない原因は?

奮発して買ったのに…カメラが続かない原因は?

2018年04月29日(日)  読了時間:約4分
奮発して買ったカメラが、ふと気づけば部屋の片隅で埃かぶっている……なんて経験のある人はいませんか? 購入時は「毎日持ち歩こう!」なんて心踊っていたはずなのに、早々に熱意が冷めてしまうことも。カメラが続かない理由について、ヒトメボ読者に聞いてみました。


設定が難しい

「まず『シャッタースピード』とか『F値』とか『ホワイトバランス』とか、いろいろな設定がある時点でハードルが高すぎる……オートで撮る方法もあるみたいだけど、それだと機能を持て余してる感じで悔しいし、かといってマニュアルの撮り方を覚えるのもしんどくて……。購入してから数ヶ月経ちますが、未だにその無限の可能性を持つ黒くて四角いハコとまっすぐ向き合えずにいます」(静岡・23歳女性)

「マニュアルの設定が難しいのでオートモードにして、室内や暗い場所で撮影しようとすると『パコッ』とフラッシュが飛び出てきます。フラッシュは使いたくないので何度も押し込むのですがシャッターを押そうとするたびに『パコッ』と飛び出てきてめちゃくちゃ恥ずかしいです。それっきり一眼レフは諦めました」(東京・28歳男性)

まずは形から入って機材を揃え、それから設定を覚えようとしたけれど……。高機能なだけに細かい設定が可能ですから、そのぶん使いこなすまでには忍耐力も必要ですものね。

うまく撮れない

「一眼レフがあったらフォトジェニックな写真が撮れると思ったけど、ピントを合わせたり構図を考えたり、難しくてうまく撮れません。同じ写真撮ってもスマホで撮影したよりもヘタに見える……なんででしょう」(埼玉・24歳男性)
「彼女と花火大会に行ったとき、カメラマン気取りで一眼レフを持って行ったんだけど、明らかに彼女がスマホで撮った写真の方がキレイっていう……。恥ずかしくてその後デートに一眼レフ持っていくのはやめました」(富山・27歳男性)

画面をタップしてピントを合わせるだけのスマホカメラと比べると、やはり一眼レフは多少難易度が上がります。まずは地道に頑張ってみて欲しいところ……。

中途半端なスペックのカメラを選んでしまった

「一眼レフってすごい高いじゃないですか!さすがにカメラに20万円は出せないなと思って、5万円以下のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を選んだら、正直あまりスマホと画質が変わらない気がしちゃいました。中途半端にケチるんじゃなかったと後悔してます」(栃木・25歳女性)

もちろん「安いとダメ」とは一概には言えませんが、最近はスマホカメラの性能もいいのでみなさん目が肥えてきているのは間違いなさそうですね。

重くてかさばる

「前から一眼レフを首に下げて街を歩くのに憧れていました。しかし、実際にやってみると重くて肩は凝るし、大きくて何かと邪魔。でも機械だから雑な扱いはできないし……そのくせ一枚も写真撮らずに過ごしてしまったりで、今は部屋のインテリアになってます」(群馬・22歳女性)

カメラの体積と重量がネックになっているようです。慣れてしまえばなんてことないはずですが、そうなるまでが少し大変?

人目が気になって撮れない

「スマホと違って一眼レフって構えただけで周りから注目されるじゃないですか。それが恥ずかしくて、周りにも気を遣うし、外出に持っていくのはやめてしまいました」(長野・24歳男性)

立派なカメラを持っていると注目されてしまいがち。ときには、「カメラマンの方ですか?」と、本職の人と間違われてしまうことも……。


本格的なカメラを買った結果、手軽で使い勝手の良いスマホカメラに結局は落ち着いてしまったり。「カメラを始めようとしたけど三日坊主で続かない理由」、あなたが思い当たることはありましたか? 無理せず自分のペースで続けてみてくださいね!
(シャモジョー)

この記事はどうでしたか? ハートをクリックして評価してください。

評価する
コメント
0/400

コメントに関する注意

シェアする

あわせて読みたい

カテゴリ